九州長崎県のミヤマキリシマの名所の雲仙仁田峠2016年のお花見の開花見ごろ、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

長崎県島原半島の中央に位置する雲仙岳は、ツツ ジ科のミヤマキリシマの名所で、地元では“ウンゼンツツジ”と呼ばれています。特に妙見岳と野岳の鞍部にあたる標高1080mの雲仙仁田峠(うんぜんにたとうげ)の群落美は圧巻です。また、仁田峠へは全長11.3キロメートルのスカイラインが通じ、途中、有明海、橘湾や九州連山の展望を楽しみながらのドライブも楽しめるのでカップルでのお花見ドライブデートにもオススメです。

妙見岳山頂に向かう雲仙ロープウェイ乗降場近くには展望台があり、平成2(1990)年の噴火で誕生した平成新山が望めます。秋になるとカエデ類などで山肌が色づく紅葉の名所で、仁田峠循環自動車道路は春と秋は人気のドライブデートスポットです。普賢岳登山道もでき、多くの登山客が訪れます。

雲仙仁田峠のミヤマキリシマの2016年開花見ごろは?

◆名称:雲仙仁田峠(うんぜんにたとうげ)

◆住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙551

◆見頃:5月中旬~下旬

◆料金:無料

◆時間:仁田峠循環自動車道の通行時間内

◆お問い合わせ:0957・73・3434(雲仙観光協会)

仁田峠循環自動車道路、雲仙ロープウェイの営業時間、料金って?

◆営業時間

【仁田峠循環自動車道路】
・4月~10月8:00~18:00
・11月~3月8:00~17:00

【雲仙ロープウェイ】
・4月~10月8:31~17:23(上り最終17:03)
・11月~3月8:31~17:11(上り最終16:51)

◆料金

・仁田峠循環自動車道路:無料

・雲仙ロープウェイ:(往復)大人1260円・小人630円

雲仙仁田峠へのアクセスは?駐車場は?

◆アクセス

【電車】
・JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙行きで1時間20分、雲仙下車、島鉄バス雲仙営業所で乗り合いタクシーに乗り換えて20分、仁田峠下車すぐ(雲仙ロープウェイ仁田峠駅)

【車】
・長崎自動車道諫早ICから国道34号・57号・県道128号・国道57号を経由し、小浜仁田峠循環線を仁田峠方面へ車で40km(雲仙ロープウェイ仁田峠駅)

◆駐車場:有り(200台/無料)