京都の詩仙堂のさつきの開花情報、開花状況見ごろ、ライトアップ、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

京都の詩仙堂は、江戸初期の石川丈山が1641年(寛永18)に造営、隠棲した山荘跡です。狩野探幽筆の中国の詩家36人の肖像を掲げる詩仙の間を中心に、白砂の唐様庭園には小川が流れ、詩仙の間から眺める初夏の庭は、白砂が敷きつめられた周囲の丸く刈り込まれたサツキと、遠景の楓の緑が独特の雰囲気を醸し出しています。紅葉の季節とは全く異なるコントラストが楽しめることができるのでカップルでのお花見デートにもオススメです。

詩仙堂のさつきの開花見ごろは?

◆名称:詩仙堂

◆住所:京都市左京区一乗寺門口町27番地

◆見頃:5月下旬~6月上旬

◆拝観時間:9:00~17:00(受付16:45まで)

◆拝観料金:大人500円、高校生400円、小・中学生200円

◆お問い合わせ:075-781-2954(詩仙堂)

詩仙堂のサツキの見どころは?ランチは?

◆見どころ

詩仙堂の見所は、詩仙の間と石山丈山によって造られた庭です。庭は四季折々に楽しむことができ、中でも初夏の「サツキ」が見どころです。詩仙堂のさつきは、庭園の至る所で咲きていますが、オススメの場所は、嘯月楼(しょうげつろう)の広間から見るサツキです。また、嘯月楼(しょうげつろう)前にある階段の両わきにも、サツキが咲いていますので、階段を下りて振り返り見るサツキも格別です。

◆ランチ
・豆花(とうか):詩仙堂から一乗寺駅へ向かう途中にある『豆花』は豆腐料理のお店です。

・わび助:詩仙堂の近くにある京うどんのお店です。

・一乗寺中谷:一乗寺下り松にある和洋菓子の専門店で、店内にはカフェが併設され、お食事にもカフェにも利用できます。

詩仙堂へのアクセスは?駐車場は?

◆アクセス

【電車】
・京都駅から京都市営バス5号系統「一乗寺下り松町」下車
・四条河原町から京都市営バス5号系統「一乗寺下り松町」下車
・京阪三条から京都市営バス5号系統「一乗寺下り松町」下車

【車】
・名神高速道路京都東ICから20分

◆駐車場:無し(近隣の有料駐車場利用)