京都府宇治市の三室戸寺つつじ2016の開花情報、開花状況見ごろ、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

京都府宇治市にある三室戸寺は、関西を代表するつつじの名所で、別名「つつじ寺」とも呼ばれています。つつじの開花見頃の時期は、赤・白・紫の2万株ものつつじが見事に咲き誇り、同じ頃に約1,000株のシャクナゲも見頃となります。シャクナゲは、赤・ピンク・白の中に紫の斑が入った可愛らしい西洋シャクナゲで、三重塔を望む山の北斜面に咲き誇ります。カップルでのお花見デートにもオススメです。

三室戸寺のつつじの2016年開花見ごろは?

◆名称:三室戸寺

◆住所:京都府宇治市菟道滋賀谷21

◆見頃:4月下旬~5月上旬

◆拝観時間:8時30分~16時30分(受付は各30分前)

◆拝観料金:大人500円、小人300円

◆お問い合わせ:0774-21-2067(三室戸寺)

京都の花寺 三室戸寺とは?

6月には「アジサイ園」に50種・10000株の西洋アジサイ、額あじさい、柏葉アジサイ、幻の紫陽花・七段花等が咲き乱れ、「あじさい寺」とも称されています。

本堂前の「蓮(ハス)園」には、250鉢の色とりどりの蓮(はす)が咲き、有名な大賀ハス、古代バスなど100種が6月下旬より8月上旬にかけて咲き、さながらその光景は極楽浄土のようで、「蓮(ハス)の寺」とも言われます。

11月ともなると紅葉が始まり、古来よりその美しさは「三室戸の紅葉」と称せられ、宇治の紅葉の名所です。

三室戸寺へのアクセスは?駐車場は?

◆アクセス

【電車】京阪三室戸駅から徒歩15分

【車】 宇治東ICから 車で5分

◆駐車場:有り(300台/普通車500円)