群馬県の野反湖のニッコウキスゲ、レンゲツツジの開花情報、開花状況見ごろ、見どころ、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

群馬県中之条町にある野反湖(のぞりこ)は、長野県との県境に近い中之条町の北部に位置する標高2,000m級の山々に囲まれた高原の湖です。野反湖水は、魚野川から信濃川に合流し日本海にそそぎ、春から秋にかけては、釣りやキャンプ、ハイキングなどを楽しむ人々でにぎわいます。地元では、野反湖畔で咲くニッコウキスゲのことをノゾリキスゲの名で親しまれています。野反湖周辺には、花の開花時期になるとノゾリキスゲの他にもレンゲツツジをはじめシラネアオイ、ヤナギラン、コマクサなど約300種類の高山植物が見られます。カップルでのお花見ドライブデートにもオススメです。

野反湖のニッコウキスゲ、レンゲツツジの開花見ごろは?

◆名称:野反湖(のぞりこ)

◆住所:群馬県吾妻郡中之条町入山

◆ニッコウキスゲ見頃:6月下旬~7月中旬

◆レンゲツツジ見頃:6月中旬〜7月上旬

◆料金:無料

◆時間:随時

◆お問い合わせ:0279-95-3111(中之条町六合地区)

野反湖の見どころは?富士見峠、野反湖キャンプ場は?

◆富士見峠
群馬県側の富士見峠から見る野反湖の眺めは、周囲の環境と調和した自然の湖のようであり、平成13年国民文化祭が群馬県で開催された時に上演されたオペラ「みずち」の最終章でも、その情景が表されているほどの美しさです。標高1,500m の高原にある野反湖は、6月1日に山開きが行われ、いよいよ観光シーズン本番を迎えます。野反湖の周辺は、高山植物の宝庫で、レンゲツツジの群生(6月下旬頃)や野反キスゲの群生(7月中旬頃)のほかシラネアオイ・エゾリンドウ・コマクサなど約300 種類の植物が四季折々の景色を彩っています。

◆野反湖キャンプ場
春から秋のフィッシング・ハイキング・バードウオッチング・キャンプなどが楽しめ、バンガロー、ロッジ、テント敷から選ぶことができます。野反湖キャンプ場周辺には色とりどりの高山植物が咲き誇り、真夏でも気温は20度前後です。

野反湖へのアクセスは?駐車場は?混雑は?

◆アクセス

【電車】
・JR吾妻線長野原草津口駅からJRバス約1時間

【車】
・関越自動車道で渋川伊香保インター下車。連絡道路は、群馬県道17号線、353号線、145号線。さらに、292号線、405号線

◆駐車場:有り(野反湖休憩舎、野反湖展望台)