東京都町田市の薬師池公園のハスの開花情報、開花状況見ごろ、見どころ、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

東京都町田市にある薬師池公園の北端部にはハス田が設けられ、大賀ハスが咲き誇ります。池の水を覆い隠す緑色の大きな葉の群れから、ひょっこりと顔を出す鮮やかなピンク色の花は、阿弥陀如来や観音菩薩像の台座の形を彷彿させてくれます。薬師池公園内にはハス以外にも季節ごとに250本のウメ、340本のサクラと2,200株のハナショウブが咲き誇り、四季折々に花々が楽しめる公園として親しまれています。カップルでのデートにもオススメです。

薬師池公園のハスの開花見ごろは?

◆名称:薬師池公園

◆住所:東京都町田市野津田3270

◆見頃:7月中旬~8月中旬

◆料金:無料

◆時間:午前6時から午後6時(6月~8月は午前6時から午後7時)

◆お問い合わせ:042-793-7611(都市づくり部公園緑地課)

薬師池公園の見どころは?

◆春の桜
池のまわりを中心にして、約350本のソメイヨシノ、ヤマザクラ、シダレザクラ、サトザクラがあります。池の中央にあるタイコ橋からながめる桜は独特の風情があります。

◆夏の大賀ハス
公園の北端部にはハス田が設けられ、夏になると美しい花を咲かせて多くの観賞客を集めています。このハスは「大賀ハス」と呼ばれ、千葉県の検見川遺跡で発見された2000年ほど前のハスの実から発芽したものだといわれています。ハスの花は明け方からゆっくりと開花しお昼を過ぎると閉じてしまいます。花を観賞するためには朝方に訪れることがオススメです。

◆秋の紅葉
花の名所として有名ですが、朝晩の冷え込みがようやく本格的になってくると薬師池公園の紅葉も始まって充分に楽しむことができます。薬師池の周囲のモミジの葉が真っ赤に染まり、それらが池の水面に映り込む様子がとても美しく、山全体が紅葉で見頃になるのは、例年11月末から12月初旬頃です。

◆早春の梅
白梅220本、紅梅30本の250本が植えられており、それらの梅が咲きそろう様は素晴らしいです。薬師池公園の梅林は雑木林に囲まれた池のほとりにあり、また梅林の奥に移設されている古民家などがさらに雰囲気を醸し出しています。

薬師池公園へのアクセスは?駐車場は?

◆アクセス

【電車】
・小田急線町田駅北口(POPビル先)21番乗り場から本町田経由鶴川駅行きバスで「薬師池」か「薬師ヶ丘」下車

【車】
・小田急町田駅から国道18号線(鎌倉街道)で約15分

◆駐車場:有り(1時間30分まで無料)
北第1駐車場:80台、北第2駐車場:37台、東第1駐車場:153台、東第2駐車場:26台