滋賀県草津市の烏丸半島2016年のハスの開花情報、開花状況見ごろ時間、ハスクルージング、熱気球船、アクセス、駐車場、混雑は?

スポンサーリンク

滋賀県草津市の烏丸半島には、日本最大級のハスの群生地があります。ハスが密集している面積は、およそ13haで、赤井野湾に自生したハスの花の開花見頃の時期には、辺り一面を可憐な薄紅色に染め上げます。ハスの花の開花の最盛期には広大な群生地のあちらこちらで順番にハスの花が咲くので、気軽に咲き乱れるハスを鑑賞できます。岸からハスの群生を眺めるのも良いものですが、群生地の中を進む「ハス観察船/ハスクルージング」という小型ボートに乗れば、群生地の真ん中から、ハスの花開く様子や水面に浮かぶ緑色の葉などを間近で見ることができます。また、ハスの開花時期に合わせて、熱気球フライトでも蓮の観賞ができ、爽やかな夏の早朝に熱気球船に乗って湖面の絶景が楽しめます。カップルでのお花見デートにもオススメです。

烏丸半島のハスの2016年開花見ごろの期間、時間は?

◆名称:烏丸半島

◆住所:滋賀県草津市下物町1091

◆開花見頃時期:7月下旬~8月上旬

◆開花見頃時間:朝の7時~10時頃

◆料金:無料

◆時間:随時

◆お問い合わせ:077-566-3219(草津市観光物産協会)

烏丸半島の見どころは?ハスクルージング・熱気球船の期間、時間、料金は?

夏の季語にもなっているハスの花は、びわ湖の夏の風物詩として、烏丸半島で美しい花畑を見せてくれます。甲子園球場3個分という広大な面積にわたって広がるハスの群生地で一斉に花開く様子は、まさに圧巻です。

ボートに乗って群生地の中に入り込めば、ほんのりとグラデーションがかかった花びらの様子や、水を弾く葉の様子など、ハスの特長をつぶさに観察できます。

滋賀県草津市の夏といえば日本最大級のスケールを誇る烏丸半島のハスの群生地のハスの花を間近で見られるハスクルージングです。

ボートでびわ湖の風を感じながらハスの 群生地の間近に迫ることができるので大変人気です。ほんのりとグラデーションがかかった花びらの様子や、水を弾く葉の様子など、ハスの特長をつぶさに観察できます。また、名物船頭のガイドもついているので他ではできない体験ができます。

【ハスクルージング】

◆期間:7月16日~8月14日の毎日

◆出航時間
・ 7:00~ 7:40
・ 8:15~ 8:55
・ 9:30~10:10
・10:45~11:25

◆運航時間:約40分
※4名以上のお客様が集まった便のみ出航
※要予約

◆料金
・大人¥ 2,000(中学生以上)
・小人¥ 1,000 (4歳以上)
※完全予約制

◆予約お問い合わせ:077-566-3219(草津市観光物産協会)

【熱気球船】

◆期間:7月22日~8月8日の毎週金・土・日・月 (合計12日間)

◆時間:朝6時~9時

◆料金
・大人(中学生以上)2,000円
・子ども(4歳以上中学生未満)1,000円

◆予約お問い合わせ:077-566-3219(草津市観光物産協会)

烏丸半島へのアクセスは?駐車場は?混雑は?

◆アクセス

【電車】
・JR琵琶湖線「草津駅」下車 バス 25 分 「みずの森」下車すぐ

【車】
・名神「栗東IC」から約30分
・名神「瀬田西IC」から約35分
・新名神「草津田上IC」から約35分

◆駐車場:有り(無料)

◆混雑:蓮開花最盛期の週末は、混雑が予想されますもで公共機関の利用がオススメです。