大分県神楽女湖菖蒲園の花菖蒲の開花情報、開花状況見ごろ、花しょうぶ観賞会、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

大分県別府市の鶴見の山々に抱えられた神楽女湖は、平安時代に鶴見岳社の歌舞女が住んでいたといわれるなど伝説につつまれた湖です。 この神楽女湖では、花菖蒲の開花見頃の時期は、80種類、約1万5千株の花菖蒲が湖面を淡い紫色に染め上げ、神秘的なシーンを演出します。また、神楽女湖花しょうぶ観賞会が開催されます。観賞会当日は、音楽演奏やお茶や神楽女だんごの無料サービスなどが行われますのでカップルでのお花見デートにもオススメです。

神楽女湖菖蒲園の花菖蒲の開花見ごろは?

◆名称:神楽女湖菖蒲園

◆住所:大分県別府市大字神楽女5106-1

◆見頃:6月中旬~7月上旬

◆料金:無料

◆時間:随時

◆お問い合わせ:0977・21・1111(別府市観光まちづくり課)

神楽女湖花しょうぶ観賞会の期間は?ライトアップ時間は?

◆期間:2016年6月18日(土)

◆会場:別府市神楽女湖

※お茶・団子の無料サービス(先着)や音楽の生演奏等が行われます。

神楽女湖菖蒲園へのアクセスは?駐車場は?

◆アクセス

【電車】
・JR日豊本線「別府駅」よりバスで約40分
・JR日豊本線別府駅から亀の井バス観賞臨時バス神楽女湖行きで30分、終点下車、徒歩5分

【車】
・大分自動車道「別府IC」から約15分

◆駐車場:有り
・普通自動車及び中型自動車(旧大型自動車を除く) 310円
・大型自動車及び中型自動車(旧大型自動車) 530円