宮崎県高鍋町のひまわりの名所の染ヶ岡ひまわり畑2016年のお花見の見ごろは?

スポンサーリンク

一面に畑が広がる染ヶ岡地区には、夏を迎えると鮮やかな黄色の絨毯が出現します。周辺一帯は、キャベツや白菜など九州屈指の生産地帯です。 ひまわりは、口蹄疫が児湯郡を襲った2010年、「花を見て元気になってもらおう」と、地区の環境保全協議会が、緑肥として植栽しました。 県道沿いの約50ヘクタールの畑には、約650万本のひまわりが開花し、ひまわりの迷路も登場し、訪れた人々の目を楽しませてくれます。

ひまわりの開花時期に合わせ「きゃべつ畑のひまわり祭り」も行われ、畑の周りは、夏祭りさながらに出店が立ち並びます。

染ヶ岡ひまわり畑のひまわりの2016年開花見ごろは?

◆名称:染ヶ岡ひまわり畑

◆住所:宮崎県児湯郡高鍋町染ヶ丘

◆見頃:8月中旬~下旬

◆料金:無料

◆お問い合わせ:0983-22-5588 (高鍋町観光協会)

染ヶ岡ひまわり畑のイベントは?

2015年のイベント内容です。

◆高見台(花見台)設備(今年は二つ設置)

◆トラクター試乗会(無料)・高所作業車から見るひまわり体験(有料 500円)

◆畑管デモンストレーション・レンタサイクル(300円)

◆フードコート

キャベツたっぷりのお好み焼き・町特産のキャベツ菓子など、販売地場産品を使った食べ物やグッズ店など29業者!盛り沢山!、両日10:00~15:00
◆ステージイベント

・15日 10:00~和太鼓(舞鶴一座、秋月鼓童)、13:00~ Mi-Yah ライブなど

・16日:10:00~「高鍋しんかんちゃ~」の創作エイサー、鴫野棒踊りなど

祭り当日、ヒマワリは無料でお持ち帰りできます。はさみや新聞紙などを持参してください。

染ヶ岡ひまわり畑のひまわりへのアクセス、駐車場、シャトルバスは?

◆アクセス:東九州道・都農ICからひまわり畑へ ⇒ 地図

◆駐車場:有り(500円/祭り会場内)

◆シャトルバス:有り(小学生以上往復300円)

※県農業科学公園ルピナスパーク駐車場(無料)からシャトルバス運行

当日は混雑が予想されますのでルピナスパーク駐車場よりシャトルバス利用がオススメです。