愛知県南知多町の観光農園花ひろば2016年のひまわりの開花情報、開花状況見ごろ、見どころ、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

観光農園花ひろばは、愛知県の知多半島南端にある観光農園です。南知多の温暖な気候により、1年を通じてさまざまな花の栽培が行われ、その花つみ体験を楽しむことができます。広大な花畑ではプロポーズやブライダルフォトの撮影も行われます。また、周辺には、ふたりの絆を深める南京錠で有名な「野間灯台」や、縁結びの神として人気の「恋の水神社」などデートスポットも充実していますのでカップルでのお花見デートにもオススメです。

観光農園花ひろばのひまわりの2016年開花見ごろは?

◆名称:観光農園 花ひろば

◆住所:愛知県知多郡南知多町豊丘高見台48

◆見頃:6月下旬~11月下旬

◆料金:入園料大人650円、子供300円(12~3月は大人430円、子供200円)

◆時間:午前8時~午後17時

◆お問い合わせ:0569-65-2432(観光農園 花ひろば)

観光農園花ひろばの見どころは?松葉牡丹、メロン狩りは?

◆観光農園花ひろばのひまわり
観光農園花ひろばでは常時14万本のひまわりが咲き、一面がまるで黄色いじゅうたんのような美しい景観を楽しめます。ひまわりを高い位置から眺めることができる見晴らし台も設置され、見渡すかぎりのひまわり畑は圧巻の見応えです。時期をずらして12回の種まきを行うことで、長い期間にわたってひまわりが花をつけるように工夫され、11月末まで鑑賞することができます。

◆松葉牡丹、メロン狩り
夏の時期には、松葉牡丹が見ごろをむかえます。濃いピンクの可憐な花は、ひまわりとはまたちがった魅力をもっています。また、7月下旬~8月中旬までメロン狩りも楽しめます。夏休み中の子ども連れの家族のお出かけにもオススメです。

観光農園 花ひろばへのアクセスは?駐車場は?

◆アクセス

【電車】
・名古屋鉄道「河和」駅下車後、海っこバス「プラスティック工業団地前」下車後、徒歩15分。

【車】
・名古屋から60分、知多半島道路「豊丘IC」下車後直進、2つ目の信号「馬道」を右折、直進し、突き当りを右折。

◆駐車場:有り(100台/無料)