群馬県嬬恋村の鹿沢ゆり園2016年のゆりの開花情報、開花状況見ごろ、ゆり祭り、見どころ、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

群馬県嬬恋村にある鹿沢ゆり園は、鹿沢スノーエリアの斜面を利用したユリ園です。ユリの開花見頃の時期には、約40万株のユリが咲き乱れます。早咲きのすかしゆりから遅咲きのカサブランカまで、多くのゆりが楽しめます。また、リフトも利用できます。リフトに乗って山の中腹へ行き、そこでゆりの花やキャベツ畑、山々の景色を楽しむことができるのでカップルでのお花見デートにもオススメです。また、嬬恋・鹿沢ゆり園はペットの同伴が可能です。

鹿沢ゆり園の2016年開花見ごろは?

◆名称:鹿沢ゆり園

◆住所:群馬県吾妻郡嬬恋村田代1017

◆見頃:7月中旬~8月下旬

◆料金:入園料大人1000円、子供500円

◆リフト料金
・大人片道500円・往復800円
・子供片道300円・往復500円

◆時間:9時~16時

◆お問い合わせ:0279-98-0613(鹿沢ゆり園)

鹿沢ゆり園のゆり祭りは?オススメ、見どころは?

◆ゆり祭り:8月15日 10:00~

◆オススメ

鹿沢ゆり園はスキー場のゲレンデを利用したお花畑ですのでリフト利用がおすすめです。

リフトに乗りお山の中腹へ出ます。中腹からはゆりの花はもちろん、嬬恋村の特産品であるキャベツ畑や田代湖、遠くの山々の景色が楽しめます。そのあとは遊歩道を(約600m)利用してお花を眺めながら散歩できます。ゆっくり歩いても15分ほどでレストハウスへ戻れます。

早咲きのすかしゆり(アジアティックハイブリッド)は花の色が濃く鮮やかです。また、透かしゆりは香りがほとんどありませんので、ゆりの香りが苦手な方は7月末からお盆頃までの早めの時期がオススメです。

遅咲きのオリエンタルハイブリッド系のゆりは、カサブランカに代表される種類です。 花の色が淡く優しい色合いです。この種類はゆりの香りが強いので、香りも楽しみたい方はお盆頃から8月後半にかけてがオススメです。

鹿沢ゆり園へのアクセスは?駐車場は?

◆アクセス

【電車】
・JR吾妻線 特急草津号 万座鹿沢口駅下車 タクシー25分
・長野新幹線あさま 軽井沢駅下車 バス 万座鹿沢口駅下車 タクシー25分
・長野新幹線あさま 上田駅下車 タクシー40分

【車】
・関越自動車道→上信越自動車道 碓氷軽井沢ICより約48㎞
・関越自動車道→上信越自動車道 小諸ICより約25㎞
・関越自動車道 渋川伊香保ICより76㎞

◆駐車場:有り