長野県富士見高原花の里2016年のゆりの開花情報、開花状況見ごろ、ライトアップ、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

長野県富士見町にある富士見高原花の里(ゆりの里)は、標高1250mの高原にあり、高台にある「展望ゆり園」は、目の前に広がる色鮮やかなユリと南アルプスを望むことができ、そこからの風景は高原の夏を感じさせてくれます。また、期間中はライトアップもあり、闇に浮かぶ夏の夜の花々は、昼間とはまた違った美しさをたたえ、とても幻想的です。周遊カートや天空の遊覧カートも利用できるので、夜のお散歩を楽しめますのでカップルでのナイトデートにもオススメです。

富士見高原花の里(ゆりの里)の2016年開花見ごろは?入園料金、時間は?

◆名称:富士見高原花の里(ゆりの里)

◆住所:長野県諏訪郡富士見町境12067

◆見頃:8月上旬~8月下旬

◆入園料金(7月~8月):大人 1,100円、子供 550円

◆リフト付入園料金(7月~8月):大人 1,600円、子供 1,100円

◆展望往復リフト(7月~8月):550円

◆ロマンスリフト(片道 7月~8月):350円

◆周遊カート(1人 7月~8月):550円

◆時間:午前9:00~午後5:00

◆お問い合わせ:0266-66-2932(富士見高原花の里)

富士見高原花の里(ゆりの里)の開園期間は?ライトアップは?見どころは?

◆開園期間:2016年7月9日~10月

◆ライトアップ
・期間:7月16日(土)~8月14日(日)
・時間:日没後・19:00頃から21:00

◆見どころ

【白樺エリア】
白樺のなかに富士見高原キスゲとゆりが群生する「白樺エリア」は、花の里の中でも一番オススメのエリアです。
・富士見高原キスゲ:※7月中旬~8月下旬
・アジサイ:7月上旬~7月下旬

【ロマンスエリア】
ゆるやかなゲレンデに広がるロマンスエリアは、周遊カート利用がオススメです。
・富士見高原キスゲ:7月中旬~8月中旬
・百日草:7月下旬~10月上旬
・ルドベキア:8月~9月下旬
・ケイトウ8月~10月上旬
・サルビア:8月~10月上旬
・ベロニカ:8月~10月上旬

【展望エリア】
展望リフトを降りると、抜群の眺望と可憐な花々との共演を楽しめます。
・ユリ:8月上旬~8月下旬
・百日草:8月~10月上旬

富士見高原花の里(ゆりの里)へのアクセスは?駐車場は?

◆アクセス

【電車】
・新宿駅から中央本線特急2時間 → 小淵沢駅下車
・名古屋駅から中央西線特急2時間 → 塩尻駅て中央本線(上り)に乗り換え40分 → 富士見駅下車

【鉢巻周遊バス】
JR小淵沢駅から富士見高原リゾートまで、鉢巻周遊バスも利用できます。
・運行期間:平成28年7月16日(土)~8月31日(水)、9月・10月の土・日

【車】
・中央道・諏訪南I.C から約15分
・中央道・小淵沢I.C から約8分

◆駐車場:有り(無料)