東京都立川市の国営昭和記念公園2016年の彼岸花、コスモスの開花情報、開花状況見ごろ、アクセス、駐車場、混雑は?

スポンサーリンク

東京都立川市にある国営昭和記念公園は、昭和天皇の在位50年を記念して開設された立川市と昭島市とに跨る国営公園です。東京都多摩地域の立川市と昭島市にかけて総面積180haという広大な敷地には四季折々の花々が咲き誇ります。秋になると昭和記念内に咲き誇るコスモスやあたりを黄金色に包むイチョウ並木が人気ですが、ヒガンバナも風情があります。昭和記念公園内では、花木園とこもれびの丘で彼岸花が開花します。身近に見れるスポットとしては人気があります。また、一部には白いヒガンバナも見られ、秋の花々として楽しめますので初秋のカップルでのお花見デートにもオススメです。

国営昭和記念公園の彼岸花の2016年開花見ごろは?

◆名称:国営昭和記念公園

◆住所:東京都立川市緑町3173

◆見頃:9月中旬~9月下旬

◆料金:15歳以上400円、小中学生80円

◆時間:9時30分~17時

◆お問い合わせ:042・528・1751(国営昭和記念公園)

国営昭和記念公園のコスモスの開花見頃時期は?

国営昭和記念公園は、秋のおでかけにぴったりなコスモス・彼岸花が楽しめ、かつ都内から電車やバスで気軽に行ける穴場スポットでもあります。

JR青梅線西立川駅徒歩2分の「国営昭和記念公園」では、毎年9月中旬~11月上旬にかけて「コスモスまつり」が開催されます。総面積20,000平方メートル以上の広大な敷地に総本数550万本の様々なコスモスが咲き誇る光景は圧巻です。

国営昭和記念公園のコスモスの特徴は、コスモスの開花見ごろ時期に合わせて、リレー方式で展示をするところです。9月中旬からは原っぱ東花畑で、早咲きのコスモス・ハッピーリングが70万本咲きます。10月初旬からは、ドワーフセンセーションが花の丘一面に咲きます。10月下旬からは、イエローキャンパスなど、イエロー系のコスモスが80万本見頃になります。また、コスモスに関するイベントも開催されます。

国営昭和記念公園へのアクセスは?駐車場は?混雑は?

◆アクセス

【電車】
・JR中央線「立川駅」から徒歩10分
・JR青梅線「西立川駅」から徒歩2分
・多摩都市モノレール「立川北駅」から徒歩8分

【車】
・中央自動車道「国立府中IC」、「八王子IC」から約30分

◆駐車場:有り(普通車820円)

◆混雑
・彼岸花が満開となる週末は、道路が大変混雑するため公共機関利用が便利でオススメです。