滋賀県日野町の滋賀農業公園ブルーメの丘2016年のコスモスの開花情報、開花状況見ごろ、アクセス、駐車場、混雑は?

スポンサーリンク

滋賀県日野町にある滋賀農業公園ブルーメの丘は、中世ドイツの田舎町と農業をテーマにした広大な農業公園です。門・遊・花・街・村・牧の6つのエリアには、自然や動物に親しめる施設があります。園内では、バラエティーに富んだ手作り体験が好評で、ピザ作り教室は生地作りから体験できるとあって、子供にも大人気です。他にも甲子園球場約9倍の広さがある園内は、中世ドイツをイメージした建物の周りにチューリップやコスモスなど四季折々の花が咲き誇ります。ヒツジやウマ、ヤギ、ミニブタ、ウサギとの触れ合いや乗馬体験など、家族やカップルで一日中楽しめますので秋のカップルでのお花見デートにもオススメです。

滋賀農業公園ブルーメの丘のコスモスの2016年開花見ごろは?

◆名称:滋賀農業公園ブルーメの丘

◆住所:滋賀県蒲生郡日野町西大路864-5

◆見頃:9月下旬~11月上旬

◆料金:大人(中学生以上) 800円、 子ども(4才~小学生) 400円

◆時間:9:30~18:00(11月は17:00まで)

◆お問い合わせ:0748-52-2611(農業公園ブルーメの丘)

滋賀農業公園ブルーメの丘の見どころは?

◆門(トール):地元産の新鮮な野菜等を販売している青空市場があります。

◆街(ノイシュタット):石畳と中世ドイツ風のカフェテリア・レストラン等の町並みがあります。

◆花(パルク):広い花畑とバラやハーブの庭園や温室が公園の中心を飾っています。

◆村(カステル):人気の地ビールや石窯パンと体験ホールがあります。

◆牧(ワイデ):羊や馬・牛などの動物や自然とのふれあいを楽しめます。

◆遊(フロイデ):池や芝生が広がる中にボートや釣り・パターゴルフ・ゴーカート等が楽しめます。

これら6つのエリアでは、色々な体験ができます。家族連れはもちろん、カップルでのデートにもオススメです。また、ゆるやかな丘になっているブルーメの丘の花畑では、視界いっぱいに広がるコスモスを十分にご堪能できます。

滋賀農業公園ブルーメの丘へのアクセスは?駐車場は?混雑は?

◆アクセス

【電車】
・JR琵琶湖線「近江八幡駅」(南口)から近江バスで約50分
・近江鉄道「日野駅」から近江バス北畑口行で「幅野町」下車徒歩10分

【車】
・名神高速「八日市I.C.」より約20分、「竜王I.C」より約30分

◆駐車場:有り(3000台/無料)

◆混雑
・コスモスが満開となる週末は、道路が大変混雑するため時間に余裕もった行動をオススメします。