福岡県の能古島アイランドパークのコスモスの開花情報、開花状況見ごろ、コスモスまつり、ライトアップ、アクセス、駐車場、混雑は?

スポンサーリンク

福岡県能古島にある「のこのしまアイランドパーク」は、福岡市民の身近な行楽地として親しまれる周囲12kmの博多湾の中央に浮かぶ島です。姪浜港から市営渡船で約10分でアクセスすることができます。能古島渡船場から車で10分にある「のこのしまアイランドパーク」は、能古島北部に広がる約15万平方メートルの自然公園です。四季折々の花々が咲き誇り、福岡県内で菜の花、コスモス、スイセンの名所としても知られています。福岡県内はもとより全国からの観光客で賑わいます。秋のカップルでのお花見デートにもオススメです。

のこのしまアイランドパークのコスモスの開花見ごろは?

◆名称:のこのしまアイランドパーク

◆住所:福岡県福岡市西区能古1624

◆見頃:10月上旬~10月中旬(遅咲き10月下旬~11上旬)

◆料金:大人(高校生以上)1,000円/小中学生500円/幼児(3歳以上)300円

◆時間:平日9:00~17:30日/祝日9:00~18:30

◆お問い合わせ:092-881-2494(のこのしまアイランドパーク)

のこのしまアイランドパークのコスモスの見どころは?ライトアップは?

能古島の「のこのしまアイランドパーク」では、10月から11月上旬にかけて、志賀島を背景に約50万本、10月下旬から11月上旬にかけては玄界島を背景に約30万本のコスモスが開花見頃となります。

コスモスの開花見頃時期に合わせ、「能古島コスモス ライトアップ」が開催されます。また、開催日はフェリー、西鉄バスともに夜間運行されます。

昼間の愛らしいコスモス畑が、日が沈むにつれ幻想的な雰囲気に変化してゆきます。

のこのしまアイランドパーク内の「夕日の丘」から海の色が刻々と変わる落日の風景を堪能し、宵の明星が浮かぶ夕空が夜空に変わる頃、昼間とは違う幻想的なコスモス畑が浮かび上がります。

のこのしまアイランドパークへのアクセスは?駐車場は?混雑は?

◆アクセス

姪浜港から「市営能古・姪浜フェリー」乗船、能古島渡船場から西鉄バス「アイランドパーク行き」で10分

博多湾にぽっかり浮かぶ能古島は季節の花が美しく咲き乱れるレジャースポットです。その能古島へ渡る唯一の交通手段が渡船です。

毎時約1便(往復)が運航しており自転車や車(1540円~)ごと乗り込むこともできます。乗船時間はわずか10分と短いですが、デッキから百道一帯の美しいビル群を眺めるのも楽しいです。姪浜と能古島をつなぐおよそ10分間の船の旅となります。

・営業期間:5時~23時(日祝6時15分~21時45分)※年中無休

・料金(片道1人):能古~姪浜 230円(大人) 120円(小児)

・駐車場:有り(姪浜港の姪浜渡船場/500円)

◆混雑

・コスモスが満開となる週末は、大変混雑するため公共機関の利用をオススメします。