たんとうチューリップまつり2016の期間、開花見頃、アートデザイン、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

兵庫県豊岡市にあるたんとう花公園のたんとうチューリップまつりは、「10万本のフラワーアート」で知られるチューリップフェスタです。公園内の展望台に上れば、5色のチューリップで描かれたフラワーアートが眼前に広がります。70メートル×30メートルの巨大アートが100万本のチューリップの中に隠れているので、ぜひ探してみてください。チューリップまつり期間中には300品種のチューリップ見本園、チューリップの鉢植え、切花の販売もあります。たんとう花公園でのお花見デートもオススメです。

たんとう花公園は、兵庫県豊岡市但東町畑山のそばの郷近辺に位置するチューリップ畑です。たんとうチューリップまつりの期間中は、100万本のチューリップで毎年異なるフラワーアートが描かれることで有名ですが、6月にはゆり、8月にはひまわりのイベントも行われます。

たんとうチューリップまつり2016の期間、開花見頃は?料金、時間は?

◆名称:2016たんとうチューリップまつり

◆場所:兵庫県豊岡市但東町畑山 たんとう花公園(赤花そばの郷付近)

◆開花見頃
2016年は、暖冬でチューリップ畑に雪が少ししか積もらなかった影響で例年と比較すると開花時期が早くなる予想です。2015年は、4月15日が開園でしたが、2016年は4月9日(土)を予想しています。

◆期間:平成28年4月9日(土)~ 【開花状況により変更有】

◆料金:700円(高校生以上)、中学生以下は無料

◆時間:9時~17時

◆お問い合わせ:0796-54-0500(但東シルクロード観光協会)

たんとうチューリップまつり2016のアートデザインは?

◆2016年:不二家「ペコちゃん」

◆アートデザイン豆知識
たんとうチューリップまつりの第1回は平成4年です。第1回目、2回目にはフラワーアートはありませんでした。

第3回目(1994年)の「日本列島」が、フラワーアートのはじまりです。その後は、風車、こうのとり、明石海峡大橋、ドラえもん、トトロ、宇宙戦艦ヤマト、鉄腕アトム、アンパンマンなどが描かれ、昨年2015年は、クレヨンしんちゃんでした。

たんとうチューリップまつり2016へのアクセス、行き方、駐車場は?シャトルバスは?

◆アクセス
・JR:山陰本線「豊岡駅」から「出石経由」のバス約1時間10分「日和坂」下車
・車 :舞鶴若狭道福知山ICから国道9・426・482号経由47km1時間

◆駐車場:無料(200台)

◆シャトルバス:土・日運行