栃木県日光市の霧降高原キスゲ平2016年のニッコウキスゲの開花情報、開花状況見ごろ、見どころ、アクセス、駐車場、混雑は?

スポンサーリンク

栃木県日光市にある霧降高原は、霧の出ることが多いことから付けられたといわれています。そして、赤薙山の中腹、標高1,300m~1,600mにかけて広がるキスゲ平でのニッコウキスゲの群落は一見の価値があります。ニッコウキスゲは山地や高山の草原などに群生する多年草です。約10cmの濃い黄色の花を3~4個付け、下から順番に咲いていきます。全国の高原で見られますが、日光に多く自生していたことからニッコウキスゲという名前で呼ばれています。カップルでのドライブデートにもオススメです。

霧降高原のニッコウキスゲの2016年開花見ごろは?

◆名称:霧降高原

◆住所:栃木県日光市所野

◆見頃:6月下旬~7月中旬

◆料金:無料

◆時間:随時

◆お問い合わせ:0288-54-2496(日光観光協会)

霧降高原のキスゲ平の見どころは?

キスゲ平は、遊歩道と天空回廊と呼ばれる1,445段の階段が整備され、ゆっくり眺望や草花を楽しみながら歩いて園内を散策することができます。中腹までは階段を使わずに、遊歩道のみを利用して行くことが出来ますので、階段はちょっと自信がないなと思う方も安心して園内を散策することができます。

キスゲ平では、5月から10月まで、様々な花を楽しむことができます。また、標高が1,300mを超えるキスゲ平では、草花だけでなく、素晴らしい風景も楽しむことができます。

標高1,300m~1,600mに位置するキスゲ平の気温は、関東地方の平地と比べ、8℃~10℃低くなります。夏は涼しく大変快適です。ニッコウキスゲが咲く初夏の頃はまだ肌寒く、霧降高原の地名のとおり霧の日が多くなります。霧の日は日差しがなくさらに寒く感じますので、服装には留意してください。

霧降高原へのアクセスは?駐車場は?混雑は?

◆アクセス

【電車】
・JR日光駅または東武日光駅から、東武バス「霧降高原」行か「大笹牧場」行に乗り、「霧降高原」下車、約25分。

【車】
・日光宇都宮道路「日光IC」から霧降大橋を渡り、霧降高原道路(青柳日光線‐県道169号)、約30分。

◆駐車場:有り(3箇所計164台)
※混雑の時期(6月~7月)は、臨時駐車場を解放し、シャトルバス運行もあります。

◆混雑
・ニッコウキスゲが満開となる週末は、道路が大変混雑するため路線バスにも遅れが出ることがあります。