長野県カヤの平高原の北ドブ湿原2016年のニッコウキスゲの開花情報、開花状況見ごろ、見どころ、アクセス、駐車場、混雑は?

スポンサーリンク

長野県木島平村カヤの平高原は、上信越高原国立公園の中心地志賀高原の北に広がる高原です。白樺の群生林は初夏の青く澄んだ空に白い樹肌の生みだす情景は信州を象徴する魅力の一つでもあります。カヤの平高原総合案内所から徒歩約30分のところに高層湿原として知られる北ドブ湿原があります。北ドブ湿原では、ニッコウキスゲの開花見頃シーズンには、北ドブ湿原一面が黄金の花でうめつくされます。カップルでのお花見デートにもオススメです。

北ドブ湿原のニッコウキスゲの2016年開花見ごろは?

◆名称:北ドブ湿原

◆住所:長野県下高井郡木島平村カヤの平高原

◆見頃:7月中旬~8月上旬

◆料金:無料

◆時間:随時

◆お問い合わせ:0269-82-2800(木島平村観光協会)

カヤの平高原の見どころは?

◆ブナの原生林
北ドブ湿原への遊歩道沿いや、八剣歩道沿いは樹齢300年を越えるブナの大木が群生しており、「日本一美しい森」といわれています。枝や幹にさがるサルオガセ等のコケが樹齢を感じさせます。

◆白樺の群生林
ドブ平歩道沿いやキャンプ場より少し下った林道沿いは、一目万本と言われる白樺の二次生林の大群生がみられます。

◆高標山
キャンプ場より2時間で、眺望に恵まれており、北信五岳(戸隠・飯綱・黒姫・妙高・斑尾)や遠く北アルプス、又岩菅・苗場・鳥甲・八剣の各山が一望できます。

◆北ドブ湿原
湿原の中央を遊歩道が通り、あずまやもあります。6月から9月まで花が続くが、中でも7月中旬から8月上旬にかけて咲くニッコウキスゲはブナの原生林に囲まれた7haの湿原をうめつくし圧巻です。北ドブ湿原には、チシマウスバスミレが群生しており、南限での群生地として貴重です。

◆カヤの平牧場
6月中旬から9月下旬まで木島平村を中心とした農家の牛、サホークが放牧され、一夏を過ごします。

◆清水小屋
志賀高原高天ケ原から流れてくる雑魚川と満水川が合流するあたりに、小屋があり清水小屋といいます。雑魚川はその名のとおりイワナの宝庫で、少し前までは清水小屋にイワナ釣の老人が住んでいましたが今は無人です。

◆大滝
おおぜんといい、清水小屋から雑魚川沿いに上信越自然歩道を下ると高さ約30mの滝が3段になって落ちています。新緑、紅葉期の人気スポットでもあります。

北ドブ湿原へのアクセスは?駐車場は?混雑は?

◆アクセス

【電車】
・JR飯山線飯山駅よりタクシー50分

【車】
・豊田飯山ICから 25km 50分 →徒歩30分

◆駐車場:有り(50台)

◆混雑
・ニッコウキスゲが満開となる週末は、道路が大変混雑するため時間に余裕持った行動をオススメします。