大分県臼杵市の臼杵城跡2016年の桜のお花見の見ごろ、料金、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

国宝の臼杵石仏で有名な大分県臼杵市の中心に位置する臼杵城跡は、東九州一円に権勢を誇ったキリシタン大名・大友宗麟によって築城された城跡です。当時は四方を海に囲まれ、その姿から亀城ともよばれました。春は県南一の桜の名所としても有名です。

臼杵城址桜まつりでは、大友宗麟によって築城された臼杵城が約1,000本のソメイヨシノに包まれる中、豊後大友宗麟鉄砲隊による火縄銃の空砲演武や各種ステージイベントの開催、露店の出店などにより、多くのお客様で賑わいます。

臼杵城跡の桜の2016年開花見ごろは?

◆名称:臼杵城跡

◆住所:大分県臼杵市大字臼杵字丹生島91

◆開花期間:3月下旬~4月上旬

◆料金:無料

◆お問い合わせ:0972-64-7130(臼杵市観光情報協会)

臼杵城址桜まつりの期間は?ライトアップは?

◆期間:2016年3月25日(金)~4月3日(日)

◆場所:臼杵城跡 臼杵城址大手門公園

◆ライトアップ:18~22時

臼杵城跡へのアクセスは?駐車場は?

◆アクセス

【電車】JR日豊本線臼杵駅徒歩10分
【車】 九州道臼杵ICから国道502号経由4km10分

◆駐車場:有り(臼杵城跡周辺)