神奈川県の桜の名所の秦野桜まつりの期間、会場は?見頃、ライトアップは?アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

秦野市では「中央運動公園」「弘法山公園」「はだの桜みち」が「3大桜スポット」と言われ、丹沢の山々や富士山と競演する桜景色を見ることができます。また、開花期間中はライトアップやウオーキングイベントなども行われます。カップルでのお花見デートにもオススメです。

秦野桜まつりの期間、会場は?見頃は?ライトアップは?

◆期間:2016年3月26日(土)~27日(日)

◆会場
・カルチャーパーク(中央運動公園を中心とする6施設):神奈川県秦野市平沢148
・弘法山公園:神奈川県秦野市曽屋及び南矢名

◆見頃:3月下旬~4月上旬

◆ライトアップ:あり
カルチャーパークでは「桜のライトアップ」(3月中旬~4月上旬)が行われます。水無川沿いをピンクに染める夜の桜に、ピンクと白の2色の光を花の開花に合わせて切り替える手法で幻想的な光景を作り出します。弘法山公園では、約1800本の桜をちょうちんとスポットライトでライトアップし夜空に桜を浮き上がらせます。

◆お問い合わせ:0463-82-5111(秦野市観光課)

中央運動公園、弘法山公園、はだの桜みちって?

目の前に丹沢の山々が連なる「中央運動公園」は、水無川沿いに約1キロにわたって桜並木が続き、丹沢山塊や富士山を借景に河川敷での花見を楽しむことができます。また、「かながわ花の名所100選」にも選ばれています。

「弘法山公園」では、公園一帯の約1800本のソメイヨシノ、50本のオモイガワザクラなど、山全体が桜色に染まります。

一般公募で愛称が決定した「はだの桜みち」は、西大竹から堀山下まで(県道62号・西大竹交差点~県道706号・新橋交差点)の神奈川県で一番長い6.2キロも続く桜並木が鑑賞できます。

秦野桜まつり2016へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス(中央運動公園)
・JR:小田急線秦野駅北口から湘南神奈交バス高砂車庫行きに乗り10分、運動公園前下車すぐ
・車 :東名道高速秦野中井ICから20分

◆アクセス(弘法山公園)
・JR:小田急小田原線秦野駅から湘南神奈交バス曽屋弘法行きで10分、弘法山入口下車、徒歩10分
・車 :東名高速秦野中井ICから約10分

◆駐車場:あり(無料)