関東の東京練馬区のとしまえん2016年の桜まつりのお花見の開花見ごろ、ライトアップ、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

としまえんは、約500本のソメイヨシノや八重桜が園内の各所に咲き誇り、都内の桜の名所の一つとなっています。桜の満開時には、ローラーコースター「サイクロン」に乗って桜のトンネルを抜けたり、「イーグル」に乗って地上35メートルの上空から桜を見下ろしたりするなど、遊園地ならではの花見を楽しむことができます。カップルでのお花見デートコースにもオススメです。

としまえん桜まつりの2016年開花予想は?見頃は?

◆名称:としまえん桜まつり

◆住所:東京都練馬区向山3-25-1

◆開花予想:3月21日~25日

◆見頃:3月下旬~4月中旬

◆開園時間:10時~20時

◆料金:大人=1,000円、子ども=500円

◆お問い合わせ:03-3990-8800(としまえん)

としまえん桜まつりライトアップは?

夜間はライトアップされた夜桜とイルミネーションも併せて楽しめます。昼間とは違う幻想的な景色を楽しめる。3月下旬からは食べ放題・飲み放題のバーベキューも用意されます。完全予約制で、毎回予約ですぐに埋まってしまう人気イベントとなっています。

◆ライトアップ期間:2016年3月25日(金)~4月5日(火)

◆ライトアップ時間:18:00 ~ 20:00

◆入園料:500円(15:00~)

◆サクラナイトパス:入園料+のりものフリー
・大人(中学生以上)1,600円
・子供(身長110㎝以上)1,300円

◆キッズナイトパス:入園料+キッズのりものフリー
・大人(付き添い用/20歳以上)1,100円
・子供(身長110㎝未満)1,100円

としまえん桜まつりへのアクセスは?混雑、渋滞は?駐車場は?

◆アクセス

【電車】

・池袋から直通14分「豊島園」駅下車 徒歩1分

・新宿から直通20分「豊島園」駅下車  A2出口より徒歩2分

・練馬駅乗り換え「豊島園」駅下車 徒歩1分

【車】

・常磐自動車道(千葉・茨城・福島方面から)

三郷J.C.Tから東京外環に入り、大泉I.Cで降りて目白通りに入れば、通常約20分で「としまえん」です。

※新倉P.Aまでに道路状況を確認のうえ、大泉I.C渋滞時は、和光I.Cをご利用ください。

・関越自動車道(新潟・長野・群馬方面から)

練馬I.Cを出たら、そのまま谷原交差点を直進。目白通りに入れば通常約20分で「としまえん」です。

※混雑時は谷原交差点を左折して、光が丘団地内を通るコースが便利です。

・東名高速道路(静岡・神奈川方面から)

東京I.Cを経て環状8号線を左折。谷原交差点を右折して目白通りに入れば通常約70分で「としまえん」です。

※混雑時は、谷原交差点を直進し、光が丘団地内を通るコースが便利です。

・中央自動車道(山梨・長野方面から)

高井戸I.Cを経て首都高速4号線の永福I.Cを降りれば、環状7号線と交差します。環状7号線を豊玉陸橋で左折して目白通りに入れば通常約50分で「としまえん」です。

・東北自動車道(茨城・群馬・栃木方面から)

川口J.C.Tから東京外環に入り、大泉I.Cで降りて目白通りに入れば、通常約20分で「としまえん」です。

※新倉P.Aまでに道路状況をご確認の上、大泉I.C渋滞時は、和光I.Cをご利用ください。

・東関東自動車道(茨城・千葉方面から)

湾岸市川I.Cから、高速湾岸線(B線)に入り葛西I.Cを経由して中央環状線(C2)の鹿浜橋出口で降りて環状7号線へ入り、目白通りを経て通常約60分で「としまえん」です。

あるいは中央環状線を直進し川口J.C.Tから東京外環に入り、大泉I.Cで降りて目白通りに入れば、通常約20分で「としまえん」です。

※新倉P.Aまでに道路状況をご確認の上、大泉I.C渋滞時は和光I.Cをご利用ください。

◆駐車場:有り(普通車30分200円、一日最大1500円)