関西の奈良県郡山城跡の桜2016年のお花見の見ごろ、お城まつりの期間、ライトアップ、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

郡山城内には濠を囲むようにしてソメイヨシノ等が約1000本植えられており、「御殿桜」とも呼ばれています。「お城まつり」が開かれる頃には、城跡全体がピンク色に染まり、さまざまなイベントが行われます。カップルでのお花見デートにもオススメです。

郡山城は、天正8年(1580)に筒井順慶が築城しました。天正13年(1585)に豊臣秀長が入部した折、多武峰の桜を移植しました。その後、享保9年(1724)に柳沢吉里[やなぎさわよしさと]が入城してからは、桜樹の補植を行い、美を競うようになり「御殿桜」と呼ばれるようになりました。

奈良県郡山城跡の桜の2016年開花見ごろは?

◆名称:郡山城跡の桜

◆住所:奈良県大和郡山市城内町

◆開花期間:3月下旬~4月上旬

◆料金:無料

◆お問い合わせ:0743-52-2010(大和郡山市観光協会)

奈良県郡山城跡の第56回お城まつりの期間は?ライトアップ期間、時間は?

◆期間:2016年3月25日~4月9日
・3月25日 奉告祭
・3月27日 時代行列・白狐渡御
・4月9日 市民パレード ほか

◆ライトアップ期間:2016年3月25日(金)~4月9日(土)

◆ライトアップ時間:18:00~21:00

奈良県郡山城跡へのアクセスは?駐車場は?

◆アクセス

【電車】近鉄橿原線近鉄郡山駅から徒歩7分
【車】 西名阪道郡山ICから国道24号経由7km15分

◆駐車場:有り(無料約50台、有料約380台)
※城跡周辺は駐車スペースに限りがあるので公共交通機関の利用がおすすめです。