京都の天龍寺の紅葉の見ごろ時期と早朝参拝 アクセス 駐車場 混雑は?

スポンサーリンク

京都の天龍寺は、暦応2(1339)年に後醍醐天皇を供養するため足利尊氏が建立したお寺です。夢窓疎石を開山とし、大方丈裏の嵐山や、庭園の西に位置する亀山を借景にした雄大な曹源池庭園が見どころです。嵐山の紅葉も手伝って、秋はひと際美しいの一言に尽きます。天龍寺庭園内の龍門亭では精進料理も楽しむことができます。古都京都の天龍寺に織り成す紅葉を観賞しながらのカップルでの紅葉散策デートにもオススメです。

京都天龍寺の紅葉の見ごろ時期は?

◆場所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

◆見ごろ:11月中旬~12月上旬

◆時間:8:30~17:00(11月3日・5日~12月4日は早朝参拝7:30~、北門は9:00~16:30)

◆料金
・高校生以上:庭園参拝料 500円 諸堂参拝料 300円の追加
・小・中学生:庭園参拝料 300円 諸堂参拝料 300円の追加
・法堂「雲龍図」の特別参拝は別途500円が必要

◆紅葉する木の種類:カエデ、ハナミズキ、サクラ、ツツジ、ドウダンツツジなど

◆お問い合わせ:075-881-1235(天龍寺)

京都天龍寺のおすすめスポットは?早朝参拝は?

◆おすすめスポット:曹源池庭園

京都の天龍寺は、京都市内の一番西に位置しており、680年前からそのままの姿をとどめています。11月3日(木)、5日(土)から12月4日(日)までは早朝参拝ができ、朝の景色が美しく、混雑もしていない時間帯でオススメです。

曹源池庭園西の「紅葉のトンネル」も美しく絶好の紅葉スポットです。曹源池庭園は、世界文化遺産に認定登録もされています。

また、庭園内の龍門亭で「篩月(しげつ)」謹製の精進料理(3000円、5000円、7000円)も楽しむことができます。ちなみに、営業時間は11:00~14:00(要予約)です。

◆早朝参拝
・期間:11月3日(木)、5日(土)~12月4日(日)
・時間:7:30~17:00庭園参拝(通常期間は8:30~開門)

京都天龍寺へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス
【電車】
・JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅下車徒歩13分
・京福電鉄嵐山線 嵐山駅下車すぐ前
・阪急嵐山電車 嵐山駅下車徒歩15分

【車】
・名神高速 京都南ICから約40分
・京都縦貫道 大原野ICから約25分

◆駐車場:有り(120台/1回1000円)

◆渋滞・混雑

・例年、紅葉の見ごろの週末は、渋滞・混雑するので時間に余裕もった行動をオススします。