京都の常寂光寺の紅葉の見ごろ時期と混雑 アクセス 駐車場は?

スポンサーリンク

京都の常寂光寺(じょうじゃっこうじ)は、小倉山山麓に建ち嵯峨野の風景を一望する日蓮宗のお寺です。本尊に十界大曼荼羅を祀ります。重要文化財の多宝塔は檜皮葺きで、和様と禅宗様の両方の様式を取り入れたものです。常寂光寺は、京都屈指の紅葉の名所でもあり、秋にはイロハモミジやオオモミジが見事に色づきます。常寂光寺山門から仁王門、本堂へと続く山道は、秋の紅葉の見頃時期になると約200本の紅葉のトンネルとなります。古都京都の常寂光寺に織り成す紅葉を観賞しながらのカップルでの紅葉散策デートにもオススメです。

京都常寂光寺の紅葉の見ごろ時期は?

◆場所:京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3

◆見ごろ:11月中旬~12月上旬

◆時間:9:00~17:00(受付は~16:30)

◆料金:大人400円・小人200円

◆紅葉する木の種類:カエデ、イロハモミジ、オオモミジ、イチョウなど

◆お問い合わせ:075-861-0435(常寂光寺)

京都常寂光寺のおすすめスポットは?大地獄絵開帳、絵解き説法は?

◆おすすめスポット:仁王門周辺の庭園

京都常寂光寺は、嵐山周辺エリアの嵯峨野に位置する塀のないお寺です。紅葉が美しい小倉山の中腹にあり、常寂光土に遊ぶような風情があることから常寂光寺と名づけられました。

石段沿いや境内にカエデが茂り、色彩豊かな風景が印象的です。特に高さ約12mの多宝塔近辺の紅葉は必見で、数ある京都紅葉名所の中でも絵になる紅葉スポットです。

常寂光寺境内や多宝塔の周辺からは市内を一望でき、優美な京都の景色を楽しむことができます。

京都常寂光寺へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス
【電車】
・JR山陰本線嵯峨嵐山駅から徒歩15分
・京福電気鉄道嵐山駅から徒歩20分
・JR京都駅から京都バス約45分嵯峨小学校前下車徒歩15分

【車】
・名神高速道路京都南ICから府道201号・67号を経由し、府道29号を嵯峨方面へ車で15km

◆駐車場:有り(無料)

◆渋滞・混雑

・例年、紅葉の見ごろの週末は、渋滞・混雑するので時間に余裕もった行動をオススします。
・公共交通機関の利用をオススメします。