京都の東福寺の紅葉の見ごろ時期と看楓拝観 アクセス 駐車場 混雑は?

スポンサーリンク

京都の東福寺は、月輪山麓にある臨済宗東福寺派の大本山です。本尊は釈迦如来で、広大な寺域に伽藍、塔頭を有しています。紅葉の名所として知られ、とくに「通天橋」からの眺めは紅葉観賞の特等席と言えるほどすばらしいの一言に尽きます。また、東福寺の楓は宋国原産の三葉楓であり、葉先が三つに分かれていて黄金色に色づくのが特徴です。その珍しさから「秋のすゑ」「洛陽の奇観」としても有名です。古都京都の東福寺に織り成す紅葉を観賞しながらのカップルでの紅葉散策デートにもオススメです。

京都の東福寺の紅葉の見ごろ時期は?

◆場所:京都府京都市東山区本町15-778

◆見ごろ:11月中旬~12月上旬

◆時間:8:30~16:30(秋の拝観終了~3月は9:00~16:00、受付は30分前まで)

◆料金
・方丈拝観料:大人400円・小中学生300円
・通天橋・開山堂拝観料:大人400円・小中学生300円

◆紅葉する木の種類:イロハモミジ、モミジ、トウカエデなど

◆お問い合わせ:075-561-0087(東福寺/9:00~12:00)

京都の東福寺のおすすめスポットは?看楓拝観は?

◆おすすめスポット:通天橋から見下ろす紅葉

本堂と普門院、開山堂を結ぶ通天橋には、通天紅葉と呼ばれる、葉が3つに分かれて黄金色になるカエデ数十本が見られます。また、通天橋から見下ろす紅葉は絶景として名高く、シーズンには鮮やかな渓谷美を堪能できます。20万平方メートル以上の広大な境内には、国宝に指定されている三門や、苔と敷石が市松模様をつくる本坊庭園など見どころも豊富です。

紅葉がとても美しい見ごろの時期に、特別拝観が行われます。通常より30分早い8時半より通天橋、普門院庭園、方丈庭園の拝観ができ、併せて龍吟庵(国宝)、重森三玲作の庭園も特別公開されます。

◆看楓拝観
・期間:11月1日~12月4日
・時間:8:30~16:00(国宝龍吟庵は、9:00~16:00)
・内容:国宝 龍吟庵の特別拝観

京都の東福寺へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス
【電車】
・JR奈良線東福寺駅から徒歩10分

【車】
・阪神高速8号京都線鴨川東出口から車ですぐ

◆駐車場:有り(無料)
※紅葉の期間の10月下旬~12月上旬は使用不可

◆渋滞・混雑

・例年、紅葉の見ごろの週末は、渋滞・混雑するので時間に余裕もった行動をオススします。