京都の紅葉の名所の見ごろ時期2016は?人気オススメ紅葉絶景撮影スポットは?

スポンサーリンク

日本が世界に誇る古都である京都が一年で最もきらめきに満ちるのが秋です。京都には、燃え上がるような紅葉で彩られる歴史ある名刹が数多くあります。そして、夜になるとライトアップによって違った京都を醸し出します。また、秋限定の特別公開などのスペシャルイベントも盛りだくさんの京都です。今回は秋の京都の紅葉絶景人気おすすめの撮影スポットを紹介します。

京都の紅葉は、盆地という地形なので山を背景に取り込むことで自然と一体となった紅葉絵巻が展開できます。そして、紅葉シーズンは、平日でも日中は混雑が予想されますので朝の早い時間帯に行くことが必須です。特に、嵐山など西の方は、朝日が照らす時間帯がベストです。

清水寺

◆見ごろ時期:12月上旬

◆撮影ポイント:清水寺は朝から夜まで魅力的な紅葉写真が撮れます。

◆撮影時間帯
・昼:境内の紅葉が日差しを受けて輝きます。
・夕:沈む夕日が境内を染め上げます。
・夜:ライトアップで市内の夜景が一望できます。

永観堂(禅林寺)

◆見ごろ時期:11月中旬〜11月下旬

◆撮影ポイント:紅葉木が多いので長い期間にわたって紅葉写真が撮れます。

◆撮影時間帯
・朝:開門直後は多宝塔あたりは、まだ影になっています。
・昼:広い境内全体に光が当たり放生池周辺の紅葉が最も美しい状態になります。
・夜:ライトアップで艶のある紅葉庭園に様変わりします。

eikandoukouyou

東福寺

◆見ごろ時期:11月下旬

◆撮影ポイント:開門前に臥雲橋に行けば、人のいない通天橋と洗玉澗を撮影できます。

◆撮影時間帯
・朝:開門前なので誰もいない通天橋と紅葉の海を眺めることができます。
・昼:人気のある東福寺方丈の北庭が明るい光に包まれます。
・夕:洗玉澗が夕日に照らされて紅葉がより紅く染まります。

touhukujikouyou

平等院

◆見ごろ時期:11月下旬〜12月上旬

◆撮影ポイント:午前中早めの時間であれば朝日を浴びる鳳凰堂と紅葉が撮影できます。

◆撮影時間帯
・朝:開門すぐの8時30分頃の鳳凰堂は少し斜めから日が当たり立体的な姿になります。
・昼:阿字池に映る鳳凰堂と紅葉が美しい状態になります。
・夕:日が沈むにつれ鳳凰堂がシルエットに様変わりします。

天龍寺

◆見ごろ時期:11月中旬〜12月上旬

◆撮影ポイント:早朝は禅刹特有の張り詰めた空気が満ち、撮影にオススメです。

◆撮影時間帯
・朝:紅葉シーズンには早朝拝観があります。
・昼:曹源池庭園全体に光が当たります。
・夕:借景の嵐山の向こうに日が沈んでいきます。

貴船神社

◆見ごろ時期:11月中旬

◆撮影ポイント:朝9時ごろになるうと本宮表参道に朝日が差し込み紅葉がきらめきます。

◆撮影時間帯
・朝:石畳の参道が紅葉のハイライトになります。
・昼:紅葉も春日燈籠も輝く時間になります。
・夜:ライトアップで様変わりします。

圓光寺

◆見ごろ時期:11月中旬〜11月下旬

◆撮影ポイント:十牛之庭は、光の弱い日の方が影ができなくて撮影しやすくなります。

◆撮影時間帯
・朝:十牛之庭に日差しが注ぎます。
・昼:栖龍池に紅葉の木漏れ日が映って幻想的になります。
・夕:境内奥にある展望台から夕景が眺められます。

南禅寺

◆見ごろ時期:11月下旬〜12月上旬

◆撮影ポイント:風格ある大伽藍と紅葉を収めるには広角レンズでの撮影がベストです。

◆撮影時間帯
・朝:8時頃になると山手から日が昇り始めます。
・昼:三門、すべての塔頭が開門します。
・夕:16時半を過ぎると水路閣のあたりは静かな雰囲気になり撮影にオススメです。

nanzenjikouyou

渡月橋

◆見ごろ時期:11月下旬〜12月上旬

◆撮影ポイント:朝日が渡月橋と嵐山を立体的に演出する早朝の撮影がオススメです。

◆撮影時間帯
・朝:東山から日が昇り渡月橋が朝日を浴びます。そして山も渡月橋もくっきり見えるようになります。
・昼:屋形船で陰影のある風景を望むのも新鮮です。
・夕:嵐山に沈む夕日に辺りが紅く染まりゆく光景になります。

arasiyamakouyou

祇王寺

◆見ごろ時期:11月下旬〜12月上旬

◆撮影ポイント:紅葉シーズン終盤には、散り紅葉の儚げな美しさが体感できます。

◆撮影時間帯
・朝:開門直後なら穴場的雰囲気です。10時頃から庭に徐々に日差しが広がっていきます。
・昼:苔に朱色の木漏れ日が光り明るさを演出します。
・夕:鳥のさえずりが聞こえるほどの静けさです。