京都の紅葉名所2016の見ごろ期間はいつまで?ライトアップ、服装、防寒対策、混雑は?

スポンサーリンク

京都といえば神社・仏閣、春の桜が有名ですが、京都の秋の紅葉も毎年人気があり多くの観光客が訪れます。秋の紅葉とえいば、全国にも有名な場所はたくさんありますが、古都京都の歴史ある風景と一緒に楽しめるのは京都ならではの魅力です。そんな京都に秋が深まり肌寒くなる季節がきたら、カップルでの紅葉デートがオススメです。もちろん付き合う前、交際前のデートにもピッタリです。寺社仏閣や雄大な景色の中ライトアップされる場所も数多くあるので、ムード満点でロマンティックです。

京都の紅葉の見ごろ期間はいつから?いつまで?

都の紅葉の見ごろ期間は、例年でいけば10月末から11月末となります。気温も少し寒くなる時期ですが、特に11月末の休日祝日は、観光客が多くなりますので時間に余裕もった行動がオススメです。

早朝の紅葉観賞は、混雑を避ける方法の1つです。気温によって紅葉の見頃が違ってきますので、紅葉観賞の計画を立てる際は、11月中旬を目安にすれば大丈夫です。

目的の場所が紅葉の色づきが今ひとつさみしい状況のときは、少し足を伸ばして北に向かうだけできれいな紅葉が見頃になっていることもあります。

京都の紅葉の夜間拝観、ライトアップは?服装、防寒対策は?

京都の紅葉狩りには11月中旬がベストです。色づきもよく空気も澄んでいるので、山の周辺までもきれいに見えます。カップルでのデートや家族旅行で訪れるにもこの時期を選ぶことをオススメします。

ただ、京都という地形を考えると、朝夕と昼間の日較差で肌寒い時期になってくるので、夕方以降に紅葉を見る場合には、少し厚着めの防寒対策も必要です。

紅葉シーズンになると京都の神社・仏閣では、夜間拝観、ライトアップされるところが多くあります。普段は閉まってしまう時間帯でも、紅葉の見頃時期は期間限定で延長しています。ライトアップされた紅葉と市街地の夜景を大切な人と一緒に眺めるのもおすすめです。

京都の紅葉の混雑は?混雑を避ける方法は?

京都の紅葉のシーズンで最も混雑するのは、週末や祝日です。特に、連休が重なるとかなり多くの人が訪れます。紅葉の見ごろシーズンは世界的にも注目されており、世界中からも多くの観光客が訪れます。

混雑時期を避ける方法の1つは、訪れるタイミングも工夫することです。場所によって違いがありますが、入場時間などのない紅葉スポットであれば、早朝か夜間に紅葉を見に行くのもいいでしょう。ライトアップもされているので綺麗です。紅葉の名所がある寺院仏閣などの場所では、当然ながら参拝時間が決められています。その結果として参拝時間に集中して混雑することになります。

というわけで、入場時間のない散策道や山などもオススメです。観光客が多く集まる時間帯を外せば案外と混雑を気にせずにゆっくりと紅葉観賞ができます。