京都の青蓮院門跡の紅葉の見ごろ時期とライトアップ アクセス 駐車場 混雑は?

スポンサーリンク

京都の青蓮院門跡は、天台宗の門跡寺院で、代々皇族が住職を務めた格式ある寺院です。寺宝の青不動明王二童子像は、平安仏画の最高傑作の一つでもあります。青蓮院門跡境内には、相阿弥作・築山泉水庭と小堀遠州作・霧島の庭が配され、紅葉の美しさは格別です。夜はライトアップされ、見所の苔庭は一面の星空のように瞬きで、訪れる人々を魅了します。京都の青蓮院門跡に織り成す紅葉を観賞しながらのカップルでの紅葉ナイトデートにもオススメです。

青蓮院門跡の紅葉の見ごろ時期は?

◆場所:京都府京都市東山区粟田口三条坊町69-1

◆見ごろ:10月下旬~12月上旬

◆時間:9:00~17:00(受付は~16:30)

◆料金:大人500円・中高生400円・小学生200円

◆紅葉する木の種類:もみじ、カエデ類など

◆お問い合わせ:075-561-2345(青蓮院門跡)

青蓮院門跡のおすすめスポットは?ライトアップは?

◆おすすめスポット:池泉廻遊式庭園

青蓮院門跡では、毎年春と秋に、夜の特別拝観としてライトアップを実施しています。大小1,000の照明器具による芸術的なレベルの高い景観照明です。青蓮院は、江戸時代に仮御所となった事から、粟田御所とも呼ばれています。その貴品と格調高い池泉廻遊式庭園や、境内全域があますところなくライトアップされます。諸堂の内部を拝観し、その後、ライトアップされた庭園を直接散策できます。

◆ライトアップ
・期間:10月28日~12月4日
・時間:18:00~22:00(受付は~21:30)
・料金:大人800円・小中高生400円

青蓮院門跡へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス
【電車】
・地下鉄東山駅から徒歩5分

【車】
・名神高速道路京都東ICから国道1号を経由し、府道143号を青蓮院方面へ車で7km

◆駐車場:有り(無料)
※夜間拝観時は駐車不可

◆渋滞・混雑

・例年、紅葉の見ごろの週末は、渋滞・混雑するので時間に余裕もった行動をオススします。