京都の高台寺の紅葉2106の見ごろ時期、ライトアップ、アクセス、駐車場、混雑は?

スポンサーリンク

京都の高台寺は、慶長11(1606)年、豊臣秀吉の菩提を弔うため正室のねねが建立したことは歴史ファンの間では有名です。開山堂、霊屋、観月台、茶室の傘亭・時雨亭など開山時の建物が現存しています。高台寺の美しい庭園は小堀遠州作と伝わります。借景と共に眺める紅葉は見事としか言いようがありません。歴史を感じさせる高台寺に織り成す紅葉を観賞しながらのカップルでの紅葉ライトアップデートにもオススメです。

高台寺の紅葉の見ごろ時期は?

◆場所:京都府京都市東山区高台寺下河原町526

◆見ごろ:10月中旬~12月上旬

◆時間:9:00~17:00(ライトアップ期間:日没~21:30)

◆料金:拝観料(掌美術館含む)大人600円・中学生250円

◆紅葉する木の種類:カエデなど

◆お問い合わせ:075-561-9966(高台寺)

高台寺のオススメスポットは?ライトアップは?

◆オススメスポット:臥龍池や波心庭周辺、方丈東側の庭園など

◆期間:10月21日~12月11日

◆時間:日没~21:30

高台寺は、豊臣秀吉の正室である北政所(ねね)が、秀吉の菩提を弔うために建立されたことで有名な寺です。10月中旬から12月上旬にかけて紅葉の見頃を迎えます。紅葉シーズン中はライトアップの演出が人気で、方丈前庭「波心庭」に映し出される光のアートが見どころの1つです。その他、鏡のような水面に紅葉が映り込む臥龍池や神秘的な光に満ちた竹林もオススメです。

高台寺へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス
【電車】
・JR京都駅から市バス206系統東山通北大路バスターミナル行きで17分、東山安井下車、徒歩5分

【車】
・名神高速道路京都東ICから国道1号を東山五条方面へ車で8km

◆駐車場:有り(100台/1時間まで600円、以降30分ごとに300円、拝観の場合は1時間無料)

◆混雑

・例年、紅葉の見ごろの週末は、混雑するので時間に余裕もった行動をオススします。