奈良県の当麻寺(當麻寺)西南院の紅葉の見ごろ時期混雑と特別開帳 アクセス 駐車場は?

スポンサーリンク

奈良県葛城市にある當麻寺(たいまでら、常用漢字体:当麻寺)は、奈良県葛城市にある7世紀創建の寺院です。そして、西南院は双塔を見渡せるお庭でも有名です。特に紅葉の見頃の時期は迫力があります。また、他の季節にも色んな花が楽しめる趣向になっています。二十段ほどの高台に上ると紅葉越しに西塔が、そして奥には東塔が見えるおすすめ紅葉スポットがあります。ちなみに西南院では、紅葉の見頃の時期にあわせて、本尊・三観音など寺宝の特別開帳が行われます。奈良県当麻寺に織り成す紅葉を観賞しながらのカップルでの紅葉散策デートにもオススメです。

奈良県当麻寺の紅葉の見ごろ時期は?

◆場所:奈良県葛城市當麻1263

◆見ごろ:11月中旬~12月上旬

◆時間:9:00~17:00

◆料金
・伽藍三堂(本堂・金堂・講堂):500円
・中之坊(庭園、書院、茶室、霊宝館、ぼたん園):500円
・写仏体験:2000円

◆紅葉する木の種類:モミジ、カエデなど

◆お問い合わせ:0745-48-2202(当麻寺)

奈良県当麻寺のおすすめスポットは?特別開帳は?

◆おすすめスポット:二十段ほどの高台からの紅葉越しに見る西塔、東塔

taimaderakouyou2

奈良県葛城市にある当麻寺(たいまでら)の特別開帳では、十一面観音(重文)・聖観音(重文)・千手観音(重文)をはじめ、文亀曼荼羅旧軸木・當麻寺扁額等が特別開帳されます。また、今回は、奈良国立博物館に寄託中の尼藍婆・毘藍婆(伝 前鬼・後鬼)が50年ぶりに一時里帰りします。

◆特別開帳
・期間:11月23日~11月30日

奈良県当麻寺へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス
【電車】
・近鉄南大阪線当麻寺駅から徒歩15分
・大阪から準急「橿原神宮前行き」で約40分

【車】
・南阪奈道路葛城ICから5分

◆駐車場:有り
・大型車以外は「當麻寺」交差点より門前町を通行できます。門前等の駐車場の駐車台数は限られます。
・165号線バイパスを南下して道の駅「當麻の家」を過ぎて4つ目の信号の「當麻寺」交差点を越えてすぐ左に「當麻観光駐車場」があります。
・道の駅「當麻の家」を過ぎ、4つ目の信号のある「當麻寺」交差点を右折すると當麻寺仁王門前等に民営駐車場があります。

◆渋滞・混雑

・例年、紅葉の見ごろの週末は、渋滞・混雑するので時間に余裕もった行動をオススします。