埼玉県両神国民休養地の福寿草園の開花情報、開花状況見ごろ、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

埼玉県小鹿野町にある両神国民休養地にある福寿草園では、春の訪れとともに約3,000㎡の園内に約5,000株の福寿草が咲きます。また、秩父の固有種である赤いフクジュソウ「秩父紅」も顔を覗かせます。福寿草のほかにも、例年1月中旬から2月下旬にロウバイも咲きます。約3,000㎡の園地内に「素心」、「満月」、「和蝋梅」の3種類・300本が咲き、見ごたえは充分です。近くには節分草園もあり、3月に咲き始める節分草(セツブンソウ)や東一華(アヅマイチゲ)など、早春の花の撮影も楽しむことができます。カップルでのお花見デートにもオススメです。

両神国民休養地の福寿草の開花見ごろは?

◆名称:両神国民休養地の福寿草園

◆住所:埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄2906

◆見頃:2月中旬~3月上旬

◆料金:無料

◆時間:散策自由

◆お問い合わせ:0494-79-1100(小鹿野町両神庁舎産業観光課)

両神国民休養地の花の開花見どころは?

◆春:桜、花桃、シャクナゲ、ニリンソウ、ツツジ

◆夏:花菖蒲(ハナショウブ)、アジサイ

◆秋:ダリア、シュウガイドウ、紅葉

◆お問い合わせ:0494-79-1100(小鹿野町両神庁舎産業観光課)

両神国民休養地の福寿草園へのアクセスは?駐車場は?

◆アクセス

【電車】
・秩父鉄道秩父本線「三峰口駅」より車で30分、または「三峰口駅」より小鹿野町営バス(「日向大谷口」方面行)で約20分「薬師堂」下車、徒歩60分

【車】
・関越自動車道「花園IC」より国道140号・国道299号を経由し県道37号を両神方面へ約60分

◆駐車場:有り(30台/無料)