佐賀県神埼市の仁比山神社の紅葉の見ごろ時期と混雑 アクセス 駐車場は?

スポンサーリンク

佐賀県神埼市にある仁比山神社(にいやまじんじゃ)は、729(天平元)年に京都松尾明神の分霊を安置したことに始まるとされ、1200年以上の歴史を誇る神社です。古くから農業の神、山の神として崇敬され、 山王(さんのう)さんの名で親しまれています。仁比山神社は、紅葉の名所として広く知られており、紅葉の見頃時期になるとモミジが参道を真っ赤に染め上げます。また、同じく紅葉見ごろ時期には、隣接する国指定名勝の九年庵(くねんあん)が一般公開され賑やかになります。佐賀県神埼市の仁比山神社に織り成す紅葉を観賞しながらのカップルでの紅葉散策デートにもオススメです。

佐賀県仁比山神社の紅葉の見ごろ時期は?

◆場所:佐賀県神埼市神埼町仁比山

◆見ごろ:11月中旬~12月上旬

◆紅葉する木の種類:モミジなど

◆お問い合わせ:0952-37-0107(神埼市役所 産業建設部 商工観光課)

佐賀県仁比山神社のおすすめスポットは?

◆おすすめスポット:仁比山神社境内

仁比山神社(にいやまじんじゃ)は、山の神、農業の神を祭神とし、地元の人に「山王(さんのう)さん」と呼ばれ親しまれています。12年毎に申の年(さるのとし)の4月初旬、大御田祭(オオオンダサイ)がおこなわれ、県重要無形民俗文化財である「御田舞」(オンダマイ)が奉納されています。この神社の参道の入り口には江戸時代に作られた仁王門(ニオウモン)があり、市の重要文化財に指定された金剛力士像二体が安置されています。また、この神社にある樹齢800年や600年の楠の大木は、堂々たる迫力で見る人に不思議なパワーを与えてくれます。

niiyamajinja2

仁比山神社内にはモミジの古木がたくさんあり、春の新緑・秋の紅葉の時期は、すぐそばにある九年庵とともにたくさんの人で賑わいます。

九年庵の紅葉は ⇒ 佐賀県の九年庵の紅葉の見ごろ時期

佐賀県仁比山神社へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス
【電車】
・JR神埼駅から三瀬脊振行きバスで約10分 仁比山神社前下車徒歩すぐ

【車】
・長崎自動車道東脊振ICから約10分

◆駐車場:有り

・隣接する九年庵公開期間中は交通規制のため、吉野ヶ里歴史公園臨時駐車場利用
※シャトルバスの運行あり

◆渋滞・混雑

・例年、紅葉の見ごろの週末は、渋滞・混雑が予想されますので時間に余裕もった行動をオススします。