北海道大雪山層雲峡の流星の滝、銀河の滝の紅葉の見頃は?アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

北海道の大雪山系では、日本で一番早い紅葉を楽しむことができます。層雲峡は大雪山の山々への足がかりとなる温泉街です。ロープウェイとリフトで黒岳(1984m)の7合目付近まで上がると、日本で最も早い紅葉を見ることができます。ナナカマドやカエデなどの色づきは、ここから層雲峡まで約1ヶ月かかって下りてきます。層雲峡付近は峡谷が最も美しく、国道沿いを散策するだけでも癒やされます。また、サイクリングにもオススメで、壮大な滝と紅葉のコラボレーションが味わえます。カップルでの紅葉狩りデートにもオススメです。

大雪山の紅葉の見頃時期は?

◆場所:北海道上川郡上川町層雲峡付近

◆見頃:9月上旬~10月上旬

◆時間
・ロープウェイ6:00~18:00(10月は~17:00)
・リフト6:30~17:30(10月は~16:30)

◆料金
・ロープウェイ(往復)大人1950円・小人1000円
・リフト(往復)大人600円・小人400円

◆休業:期間中無休

◆紅葉する木の種類:イタヤカエデ、ナナカマド、カツラ

◆お問い合わせ:01658-2-1811 層雲峡観光協会

見どころは?

日本の滝百選にも入っている「銀河の滝」、「流星の滝」の2つの滝と紅葉の調和が素晴らしいスポットです。2本の滝が絶壁・不動岩の左右を流れ落ちる姿はまさに圧巻です。

例年、9月下旬から色付き始め、10月上旬にイタヤカエデ、ナナカマド、カツラ等が見頃をむかえます。滝を背に20分ほど斜面を登ると、「双瀑台」の展望台へ行くことができます。

アクセス、駐車場は?

◆アクセス
【電車】
・JR石北本線上川駅(上川森のテラス バスタッチ)から道北バス層雲峡行きで30分、終点下車すぐ(層雲峡温泉)

【車】
・旭川紋別自動車道上川層雲峡ICから国道39号を層雲峡方面へ車で23km

◆駐車場:有り(150台/無料)

◆交通規制:有り

※9月11日~25日は道道銀泉台線・町道高原温泉道路で車両交通規制

◆シャトルバス運行:有り

※有料/大雪レイクサイトシャトルバス乗場から規制区間内