北海道釧路市の阿寒湖の紅葉の見ごろ時期、まりも祭、遊覧船、ドライブ、アクセス、駐車場、渋滞、混雑は?

スポンサーリンク

北海道釧路市の阿寒湖は、周囲26kmの緑深い原生林に囲まれた美しいカルデラ湖です。マリモが生息する湖として知られ、周辺には数々のアイヌの伝説が残っています。阿寒湖畔には阿寒湖温泉やアイヌコタンがあります。阿寒湖畔の雄阿寒岳が色づく紅葉シーズンは特に美しい風景が見られます。遊覧船や川下りで紅葉を楽しむことができますので阿寒湖に織り成す紅葉を観賞しながらのカップルでの紅葉デートにもオススメです。

阿寒湖の紅葉の見ごろ時期は?

◆場所:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉

◆見ごろ:10月上旬~10月中旬

◆時間:6:00~16:00(阿寒湖遊覧船/9月26日~10月20日)
※1時間毎に運行
※6:00初の第1便は、マリモ展示観察センターの往復約12kmの運行となります。(マリモ観覧15分を含み、所要時間約60分)
※運行時刻表はまりもの里桟橋が起点・終点です(幸運の森桟橋は5分遅発・5分早着となります)。
※マリモ観覧時間は約15分です。

◆料金:大人 1,900円、子供 990円 (阿寒湖遊覧船)
※遊覧船一周コース航路約18km(マリモ観覧を含む約85分)

◆紅葉する木の種類:ヤマモミジ、ナナカマド、イタヤカエデ、カツラなど

◆お問い合わせ:0154-67-2254(阿寒観光協会)

阿寒湖のおすすめスポットは?まりも祭は?

◆おすすめスポット:滝見橋から見る紅葉と滝

◆まりも祭
・期間:2016年10月8日(土)~10月10日(祝)
・お問い合わせ:0154-67-3200(NPO法人 阿寒観光協会まちづくり推進機構)

阿寒湖の滝口は、阿寒湖の水と太郎湖の水が合流し阿寒川となる景勝地です。ボッケ桟橋から見た標高1371mの休火山、雄阿寒岳は、黄、赤、橙等の木々の色が見事な景色を作り出します。阿寒湖畔から国道240号釧路方面へ約4kmほど下がると滝見橋があります。ここは滝口から阿寒川の源流となる滝と多彩な木々や草花の鮮やかな色彩が融合し、見事な景色を生み出しています。モミジ、ナナカマド、イタヤカエデ、カツラ等の紅葉が楽しめます。

また、10月8日(土)から10月10日(祝)まで、まりもを保護する目的で開催される「まりも祭」もオススメです。

阿寒湖へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス
【電車】
・JR根室本線釧路駅から阿寒バス阿寒湖畔行きで2時間、終点下車、徒歩3分

【車】
・道東自動車道足寄ICから国道242号を経由し、国道241号を阿寒湖方面へ車で58km

◆駐車場:有り(600台/410~500円、数ヵ所駐車場あり)

◆渋滞・混雑

・例年、紅葉の見ごろの週末は、渋滞・混雑するので時間に余裕もった行動をオススします。