大阪の万博記念公園の紅葉の見ごろ時期と紅葉まつり アクセス 駐車場 混雑は?

スポンサーリンク

大阪の万博記念公園は、昭和45(1970)年に千里丘陵で開催された日本万国博覧会の跡地、約260万平方メートルに広がる総合公園です。万博会場で多くの人を魅了した「太陽の塔」が今もそびえ立ち、大阪府民の憩いの場所でもあります。万博記念公園内は、樹木の種類や本数が豊富で、日本庭園と自然文化園あわせて約20種、1万本の樹木が紅葉し、赤や黄色に色づきます。秋の大阪万博記念公園に織り成す紅葉を観賞しながらのカップルでの紅葉散策デートにもオススメです。

大阪万博記念公園の紅葉の見ごろ時期は?

◆場所:大阪府吹田市千里万博公園

◆見ごろ:11月上旬~11月下旬

◆時間:9:30~17:00(最終入園16:30)

◆料金:大人250円・小中学生70円

◆紅葉する木の種類:イロハモミジ、ヤマモミジ、プラタナス、ラクウショウ、イチョウ、トウカエデなど

◆お問い合わせ:06-6877-7387(万博記念公園総合案内所)

大阪万博記念公園のおすすめスポットは?万博記念公園紅葉まつりは?

◆おすすめスポット:日本庭園 滝付近、自然文化園 紅葉渓、もみじの滝、西大路、他園内一円

大阪万博記念公園は、1970年に開催された日本万国博覧会の跡地を整備した公園です。民芸館などの文化施設、アメフト競技場などのスポーツ施設、バーベキューコーナーなどのレジャー施設が設置されており、太陽の塔を中心に様々な樹木や草花が植えられています。秋になると、日本庭園と自然文化園を合わせて約20種、計1万本の樹木が紅葉します。例年、モミジやカエデが色づき始める11月上旬から、紅葉まつりが開催されます。紅葉まつり期間中は、コンサートや茶室での呈茶など、さまざまなイベントが行われます。

◆万博記念公園 紅葉まつり
・期間:11月5日(土)~12月4日(日)

大阪万博記念公園へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス
【電車】
・大阪モノレール線万博記念公園駅からすぐ

【車】
・中国自動車道中国吹田ICから車ですぐ

◆駐車場:有り(4300台/平日2時間400円、土日祝2時間600円、以降1時間毎に加算)

◆渋滞・混雑

・例年、紅葉の見ごろの週末は、渋滞・混雑するので時間に余裕もった行動をオススします。