宮崎県のえびの高原の紅葉の見ごろ時期、ドライブ、ハイキング、アクセス、駐車場、渋滞、混雑は?

スポンサーリンク

宮崎県のえびの高原は、標高1200mにある高原で、霧島連山の最高峰韓国岳の登山口としても有名です。四季を通じて自然美を楽しむことができますが、その中でも秋の紅葉は格別です。白紫池・六観音御池・不動池を巡る所要約1時間30分のお池めぐりコースは、十分の紅葉を満喫できるトレッキングコースとして人気があります。えびの高原に織り成す紅葉を観賞しながらのカップルでの紅葉ドライブデートやハイキングにもオススメです。

えびの高原の紅葉の見ごろ時期は?

◆場所:宮崎県えびの市えびの高原一帯

◆見ごろ:10月中旬~11月中旬

◆紅葉する木の種類:ナラ、ツタ、ナナカマド、ドウダンツツジ、ススキ、ヒメシャラ、モミジなど

◆お問い合わせ:0984-35-1111(えびの市観光商工課)

えびの高原のおすすめスポットは?

◆おすすめスポット:池めぐりコース

コバルトブルーの水面に映り込む紅葉美を高台から見渡すことができる紅葉スポットの六観音御池では、例年、10月下旬から11月上旬にかけて見頃を迎え、モミジの美しさがあいまって素晴らしい光景となります。

えびの高原へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス
【電車】
・JRえびの駅から車で約60分

【車】
・宮崎自動車道小林ICから約30分、九州自動車道えびのICから約60分

◆駐車場:有り(200台/乗用車500円、二輪車200円)
※えびのエコミュージアムセンター駐車場を利用

◆渋滞・混雑

・例年、紅葉の見ごろの週末は、渋滞・混雑するので時間に余裕もった行動をオススします。