富山県の立山室堂平2016の紅葉の見頃時期、ケーブルカー、ロープウェイ、アクセス、駐車場、渋滞、混雑は?

スポンサーリンク

富山県の立山室堂平は、標高2450mに位置します。室堂という地名の「室」は宿泊所、「堂」は宗教的な施設を指し、立山登拝のために江戸時代に作られた日本最古の山小屋「立山室堂」があります。秋になるとナナカマドなどが色づき、一面の草紅葉におおわれ、その背景に3000m級の立山連峰の雄大な姿を観ることができます。ちなみに立山連峰の背後で信州側に位置するのは後立山連峰で、代表的な山に白馬岳があります。立山室堂平に織り成す紅葉を観賞しながらのカップルでの紅葉デートにもオススメです。

立山室堂平の紅葉の見頃時期は?

◆場所:富山県中新川郡立山町芦峅寺 室堂平

◆見頃:9月下旬~10月上旬

◆時間:7:00~17:20(立山ケーブルカー)

◆料金:立山ケーブルカー・立山高原バス立山駅~美女平~室堂
・片道:大人2430円・小人(6~12歳未満)1220円
・往復:大人4310円・小人2160円。

◆紅葉する木の種類:ナナカマド、ミネカエデ、チングルマ、イワイチョウ、イワオトギリ、ヨツバシオガマなど

◆お問い合わせ:076-463-5401(立山自然保護センター)

立山室堂平のおすすめスポットは?

◆おすすめスポット:ミクリガ池・ミドリガ池・雷鳥沢

立山直下標高2450m、アルペンルートの中心地であり観光の拠点の室堂平は、9月中旬頃から紅葉が始まります。

タカネナナカマド、ウラジロナナカマド、ミネカエデ、チングルマが多く、最盛期には3000mの立山連峰が色づきます。

ミクリガ池・ミドリガ池・雷鳥沢等をまわって、約2時間の散策が楽しめます。

立山室堂平へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス
【電車】
・富山地方鉄道立山線立山駅から立山ケーブルカー美女平行きで7分、終点で立山高原バス室堂行きに乗換えて50分、終点下車徒歩10分

【車】
・北陸自動車道立山ICから約40分で富山地方鉄道立山駅に行き、ケーブルカーに乗り換え約7分で美女平駅下車高原バスに乗り約50分

◆駐車場:立山駅より先は自家用車通行不可のため、立山駅無料駐車場利用

◆渋滞・混雑

・例年、紅葉の見頃の週末は、渋滞・混雑するので時間に余裕もった行動をオススします。