山形県の蔵王エコーラインの紅葉の見ごろ時期、ドライブ見どころ、アクセス、駐車場、渋滞、混雑は?

スポンサーリンク

山形県の蔵王エコーラインは、山形県上山市と宮城県蔵王町を結ぶ全長約26kmの山岳道路です。宮城県側が荒涼とした風景が続くのに対し、山形県側は樹木が生い茂り、山腹にはブナ、シラカバなどの落葉樹が多いのが特長です。堂々とした蔵王の山麓が華麗に赤や黄に色づく眺めは見事に尽きます。刈田駐車場から蔵王の火口湖にリフトで上るのもおすすめです。蔵王に織り成す紅葉を観賞しながらのカップルでの紅葉ドライブデートにもオススメです。

蔵王エコーラインの紅葉の見ごろ時期は?

◆場所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字倉石岳国有林内

◆見ごろ:9月下旬~10月中旬

◆時間:9:00~16:30(刈田リフト)

◆料金:刈田リフト(往復)750円

◆紅葉する木の種類:カエデ類、ブナ、ナラなど

◆お問い合わせ:023-679-2311(蔵王坊平観光協議会)

蔵王エコーラインのおすすめスポットは?

◆おすすめスポット:滝見台、不動尊、賽の磧、御釜、山頂付近

蔵王連峰を東西に横断する山岳道路が蔵王エコーラインです。例年、9月下旬から10月中旬までカエデ類、ブナ、ナラなど赤、黄色を基調に色づき、秋のドライブにお勧めです。

また、蔵王刈田岳山頂付近の御釜、山頂近くから見る紅葉の蔵王連峰も楽しめます。

蔵王エコーラインへのアクセス、駐車場は?

◆アクセス
【電車】
・JR白石蔵王駅から路線バスで蔵王刈田山頂まで約1時間45分

【車】
・東北自動車道村田ICまたは白石ICより車で約40分(蔵王エコーライン入口まで)

◆駐車場:有り(無料)

◆渋滞・混雑

・例年、紅葉の見ごろの週末は、渋滞・混雑するので時間に余裕もった行動をオススします。