山梨県の本栖湖の紅葉の見ごろ時期と遊覧船もぐらん アクセス 駐車場 渋滞 混雑は?

スポンサーリンク

山梨県の本栖湖は、富士五湖の西のはずれにあり、周囲13km、面積4.7平方km、最大水深138mあり、富士五湖の中で最も深く、全国の湖でも屈指の深さです。首都圏からの絶好の行楽スポットで千円札にも描かれた撮影スポットでもあります。秋の紅葉の見頃の時期になると本栖湖畔の木々が紅葉し、本栖湖北岸からの景色は、湖面の色と紅葉の赤、富士山の組み合わせが自然の美しさを感じさせてくれて神秘的な雰囲気を醸し出します。また、釣りやボートなどもレジャーも楽しめます。本栖湖畔に織り成す紅葉を観賞しながらのカップルでの紅葉ドライブデートにもオススメです。

本栖湖の紅葉の見ごろ時期は?

◆場所:山梨県南都留郡富士河口湖町本栖

◆見ごろ:10月中旬~11月上旬

◆紅葉する木の種類:カエデ類、ブナ、ナラなど

◆お問い合わせ:0555-87-2518(本栖湖観光協会)

本栖湖のおすすめスポットは?遊覧船もぐらんって?

◆おすすめスポット:本栖湖北岸、沸光山本栖寺周辺

本栖湖北岸からの景色は、千円札にも描かれた景色と同じものです。富士五湖一の水深と国内でも有数の透明度を誇る湖はその美しさは圧巻です。濃く色づいた紅葉が湖畔を彩り、神秘的な雰囲気を醸し出します。瑠璃色の湖と紅葉のコントラストは必見です。また、本栖湖畔沿いにある沸光山本栖寺周辺の紅葉も見事です。

◆遊覧船もぐらん

湖面が瑠璃色の美しい本栖湖に浮かぶ潜水艦型遊覧船で、潜らないので、その名も「もぐらん」です。外見からも分かる通りイメージは可愛いイエローサブマリンです。船内には2つのスペースがあります。船内客室はかわいいポップ調で、イエローサブマリンらしく潜望鏡やかわいい丸窓を備えております。 また、船内に2つ設置された船底窓からは、本栖湖に棲む鯉、ヒメマス、ニジマス、ウグイ等を見ることができます。後方デッキでは、天気が良い日は富士山と360°のパノラマビューが楽しめます。

・料金:おとな 930円、こども 470円
・所要時間:1周約25分
・通常時刻表:第1便9:30~最終便15:30(40分間隔)

本栖湖へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス
【電車】
・富士急行河口湖線河口湖駅から富士急山梨バス本栖湖方面行きで50分、本栖湖下車すぐ

【車】
・中央自動車道河口湖ICから国道139号を本栖湖方面へ車で20km

◆駐車場:有り(150台/無料)

◆渋滞・混雑

・例年、紅葉の見ごろの週末は、渋滞・混雑するので時間に余裕もった行動をオススします。