栃木県の日塩もみじラインの紅葉の見ごろ時期、ドライブ、バイク、アクセス、駐車場、渋滞、混雑は?

スポンサーリンク

栃木県の日塩もみじラインは、国道121号の龍王峡付近から、国道400号の中塩原・逆杉(塩原八幡宮)付近にかけて走る山岳道路です。その名のとおり沿道の紅葉が見事の一言に尽きます。途中には「太閤下ろしの滝」や「白滝」などの名所もあります。日塩もみじラインに織り成す紅葉を観賞しながらのカップルでの紅葉ドライブデートにもオススメです。

日塩もみじラインの紅葉の見ごろ時期は?

◆場所:栃木県日光市藤原~塩原温泉

◆見ごろ:10月上旬~11月中旬

◆時間:通行料徴収は8時~20時(1~2月の土・日曜、祝日は~22時)

◆料金:通行料普通車610円

◆紅葉する木の種類:モミジ、カエデ、ブナ、カツラ、シラカバ、ナラ、ナナカマド、ヤマウルシ、カラマツ、ツタなど

◆お問い合わせ:0288-77-1976(日塩もみじライン藤原料金所)

日塩もみじラインのおすすめスポットは?

◆おすすめスポット:太閤下ろしの滝、富士見台の展望台ほか

日塩(にちえん)もみじラインは、鬼怒川・川治温泉と塩原温泉を結ぶ、28.5kmの有料道路です。四季折々の景色が楽しめますが、名前のとおり紅葉の季節は圧巻です。標高1,000mを超える沿道にはモミジが多く、絶景の高原ドライブやツーリングを楽しむことができます。富士見台の展望台からは女峰山や霧降高原など日光の景色を眺望できるほか、男性的な太閤下ろしの滝、女性的な白滝などの見どころが点在します。

日塩もみじラインへのアクセス、駐車場は?

◆アクセス
【電車】
・那須塩原市側入口:JR西那須野駅からバス約30分

【車】
・那須塩原市側入口:東北道西那須野塩原ICから国道400号経由約40分
・日光市側入口:日光宇都宮道路今市ICから国道121号経由約50分

◆駐車場:有り(無料)

◆渋滞・混雑

・例年、紅葉の見ごろの週末は、渋滞・混雑するので時間に余裕もった行動をオススします。