群馬県の尾瀬ヶ原2016の紅葉の見ごろ時期、アクセス、交通規制、駐車場、混雑は?

スポンサーリンク

群馬県片品村にある日本一の高層湿原の尾瀬ヶ原は、群馬・新潟・福島の3県にまたがっていますが、その大部分は群馬県に含まれます。春のミズバショウが有名ですが、じゅうたんを取り替えたように赤茶に色づく草紅葉、ナナカマドやツタウルシの鮮やかさも実に見事です。春とは異なるしっとりした落ち着いた風情は、ゆっくりと散策して楽しむことをオススメします。そして、カップルでの紅葉デートにもオススメです。

尾瀬ヶ原の紅葉の見ごろ時期は?

◆場所:群馬県利根郡片品村戸倉

◆見ごろ:9月中旬~10月上旬

◆紅葉する木の種類:クサモミジ

◆お問い合わせ:0278-58-2112(片品村むらづくり観光課)

尾瀬ヶ原の麓の紅葉の見どころは?

周囲を2000m級の山々に囲まれた標高1400mの湿原が尾瀬ヶ原です。

この湿原の紅葉は草紅葉(くさもみじ)と呼ばれ、9月中旬から10月初めにかけて草原が金色に色づきます。

9月末から10月中旬までは、広葉樹が赤や黄色に色づき、緑の針葉樹との美しいコントラストを見せてくれます。

尾瀬一帯は原始林に囲まれた日本最大級の高層湿原で、800種の珍しい植物群の宝庫です。

特別記念物、特別保護地区に指定され、

至仏山、燧ヶ岳の山岳美や、

高層湿原に咲く高山植物など、

多くの自然美が堪能できます。

尾瀬ヶ原へのアクセス、交通規制、駐車場は?

◆アクセス
【電車】
・JR上越線沼田駅から関越交通バス大清水・戸倉方面行きで1時間20分、戸倉で鳩待峠行きに乗り換えて30分、終点下車、徒歩1時間(尾瀬ヶ原・山の鼻)

【車】
・関越自動車道沼田ICから国道120号・401号を経由し、県道63号を鳩待峠方面へ車で45km
◆交通規制:有り(戸倉地区駐車場、津奈木~鳩待峠はマイカー規制)

◆駐車場
・有り(無料・有料/1300台)
※マイカー規制中は鳩待峠駐車場利用不可

◆混雑

・例年、紅葉の見ごろの週末は混雑するので時間に余裕もった行動をオススします。