奈良県の藤の名所の春日大社萬葉植物園のお花見の開花見ごろ、混雑、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

奈良県の藤の名所の春日大社では、「下り藤」の社紋に見られるように、藤の花はとても大切にされてきました。そこで藤の花を敬愛し、観賞するための庭園として萬葉植物園内の南庭にも20品種、 約200本もの藤の木が植栽される「 藤の園 」が設けられました。藤の園では、藤棚のように見あげるのではなく目線で藤の花が観賞でき、 また、花が外向きに咲くことで常に日の光を浴びて美しく見えるので自然と一体化した風光優美な庭園となっています。藤の花は萬葉植物園のメインフラワーであり関西の藤の名所としても有名ですのでカップルでのお花見デートにもオススメです。

奈良県の春日大社の萬葉植物園の開花見ごろは?混雑は?

◆名称:春日大社 萬葉植物園

◆住所:奈良県奈良市春日野町160

◆見頃:4月下旬~5月上旬

◆混雑:毎年ゴールデンウィーク頃に花が満開になることが多くなるので観賞には期間中の平日がオススメです。

◆料金:大人 500円、小人 250円

◆時間:9:00~17:00(入館16:30)

◆お問い合わせ:0742-22-7788(春日大社)

春日大社の開門時間は?拝観料は?

【開門時間】

◆夏期(4月~9月)  6:00~18:00

◆冬期(10月~3月)6:30~17:00

◆本殿特別参拝    8:30~16:45

◆夫婦大国社     9:00~16:30

◆宝物殿       9:00~17:00(入館16:30)

◆植物園

・3月~11月 9:00~17:00(入館16:30)
・12月~2月 9:00~16:30(入館16:00)

【拝観料】

◆本殿前特別参拝 初穂料 500円

◆宝物殿     大人(大学生以上)400円
中高生 300円
小学生 200円

◆萬葉植物園   大人 500円、小人 250円

春日大社へのアクセスは?駐車場は?

◆アクセス

【電車】
・JR・近鉄奈良駅からバスで(市内循環バス)春日大社表参道 下車から徒歩で10分

【車】
・名神高速道 京都南I.C.より京奈和自動車道経由 約60分

◆駐車場:有り(100台/普通車1,000円)