大村公園花菖蒲まつり日程と見頃と開花状況、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

長崎県大村市にある大村公園は、九州最大級の規模を誇る花菖蒲園です。例年、ハナショウブの開花見ごろを迎える時期には、171種類約30万本の優雅で気品のある花菖蒲を楽しむことができます。ハナショウブの開花見ごろに合わせて開催される花菖蒲まつりでは、特産品の販売や郷土芸能の披露のほか、姉妹都市の秋田県仙北市(角館町)の物産展、「飾山囃子(おやまばやし)」の披露など多彩なイベントが行われ、多くの人で賑わいます。

大村公園花菖蒲まつりの日時、場所は?

◆日時:2017年6月4日(日)11:00~15:00

◆場所:大村公園板敷櫓(やぐら)下広場

◆住所:長崎県大村市玖島1丁目43

◆見頃:5月下旬~6月中旬

◆お問い合わせ:0957-52-3605(大村市観光コンベンション協会)

大村公園花菖蒲まつへのアクセス、駐車場は?

◆アクセス
・JR大村駅から車で約5分
・長崎自動車道大村ICから車で約15分
・長崎空港から車で約10分

◆駐車場:有り(350台/無料)

◆お問い合わせ:0957-52-3605(大村市観光コンベンション協会)

大村公園とは?

大村公園は、長崎県内有数の花の名所として知られ、「日本の歴史公園100選」、「日本さくら名所100選」の地に選定されています。

また、大村公園は、大村藩主の居城であった玖島城跡外堀を利用してできた公園です。

3月下旬~4月中旬には、国指定天然記念物「オオムラザクラ」をはじめ約2000本の桜が公園一帯をピンク色に染め、5月下旬~6月中旬には約10万株およそ30万本の花菖蒲が咲き誇り、人々の目を楽しませてくれます。

◆お問い合わせ:0957-52-3605(大村市観光コンベンション協会)