北海道中富良野町のファーム富田2016年のラベンダーの開花情報、開花状況見ごろ、ラベンダー畑駅、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

北海道中富良野町にあるファーム富田は、テレビドラマ「北の国から」で知られています。また、国鉄のカレンダーで紹介されたことで富良野のラベンダーを全国に広めるきっかけともなりました。東には十勝岳連峰、南には夕張山地がそびえ立ち目の前には一面のラベンダー畑が広がり、ここでしか見られない贅沢な眺めが楽しめます。カップルでのラベンダー畑デートにもオススメです。

ファーム富田のラベンダーの2016年開花見ごろは?

◆名称:ファーム富田

◆住所:北海道空知郡中富良野町北星

◆見頃:7月上旬~7月中旬

◆料金:無料

◆時間:8:30~18:00

◆お問い合わせ:0167-39-3939(ファーム富田)

ラベンダーイースト、ラベンダーバスは?

ラベンダーイーストは、ファーム富田から十勝岳連峰に向かって東に4kmほど行った上富良野東中(ひがしなか)地区にある日本最大級のラベンダー畑です。富良野盆地の田園地帯に囲まれ、東側には迫力ある十勝岳連峰、南側には雄大な富良野西岳・芦別岳と連なる夕張山地を望むことができるこの地は、富良野地方のラベンダー栽培発祥の地でもあります。

◆開園期間:2016年7/1~

◆時間:8:30~17:00

◆アクセス:ファーム富田から車で約7分(3km)

◆ラベンダーバス
ラベンダーカラーのトラクターが座席を引きながらラベンダーイーストの園内を走る”ラベンダーバス”が15分~20分ほどかけてラベンダー畑の中を進みます。車内には日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語のアナウンスが流れ、広大なラベンダー畑や十勝岳連峰、夕張山地を観賞できます。座席は横向きに二列あり、前席は7人が個々に座れる”一人掛けシート”、後席は高い目線で景色を楽しめる”10人掛けベンチシート”です。窓や柱がなく、開放感のあるつくりとなっています。目前に広がる大パノラマを爽やかな香りと心地良い風と共にゆったりと楽しむことができます。

◆ラベンダーバス料金
・おとな(中学生以上)200円(税込)
・こども(4歳以上小学生以下)100円(税込)
・3歳以下 無料
※ファーム富田売店で買い物で250円ごとに一人無料

ファーム富田へのアクセスは?駐車場は?ラベンダー畑駅は?渋滞・混雑は?

◆アクセス

【電車】
・JR富良野線「中富良野駅」下車、徒歩10分

【車】
・旭川空港から約45分
・札幌市内から道央自動車道「三笠IC」経由で約2時間半

◆駐車場:有り(無料)

◆ラベンダー畑駅:富良野・美瑛ノロッコ号のみが停車する臨時駅

JR富良野線「富良野駅」またはJR函館本線「旭川駅」などから乗車し、「ラベンダー畑駅」で下車、ファーム富田まで徒歩7~8分

【期間】
・6月11日(土)~19日(日)の土・日
・6月25日(土)~8月21日(日)の毎日
・8月27日(土)~9月25日(日)の土・日・祝

【運賃】
・ラベンダー畑⇔富良野 230円
・ラベンダー畑⇔美瑛  450円
・ラベンダー畑⇔旭川  930円
・富良野⇔旭川    1,070円
※こども半額(10円未満切り捨て)

【時刻表】 ⇒ ノロッコ号時刻表

◆渋滞・混雑
渋滞、混雑を避ける方法は、中富良野森林公園の駐車場を利用することです。ここの駐車場はまったく混まないし、木陰にとめれば車の中も暑くなりません。北星山の裏側からアプローチすれば渋滞にも遭いません。ファーム富田までは歩いて15分くらいかかりますが、途中は町営ラベンダー園の中を歩いていくことができ景色がすばらしいです。